XROUNDの革新的なイヤホン「AERO」が5月9日に一般発売が開始!特徴をまとめてみた

XROUNDを知っていますか?

XROUNDは台湾を拠点としているEmbrace Audio Lab Inc. が開発した音声演算処理技術です。

僕は普段からXROUNDの「XPUMP」というサウンド製品を愛用しています。

そんなXROUNDから、2つ目の製品であるXROUNDのAEROが去年の9月に発表されました。

そしてつい最近、XROUNDのAEROが一般発売がされたという情報を見つけました。

そこで、今回は5月9日に発売されるXROUNDのAEROについて少し紹介していこうと思います。

今回の内容
  • XROUNDのAEROとは
  • XROUNDのAEROの特徴
  • XROUNDのAEROの価格について

XROUND AEROとは

まずXROUNDのAEROとはどのようなイヤホンなのか説明していこうと思います。

XROUNDのAEROは、XROUNDというサウンド製品ブランドのイヤホンのことです。

XROUNDのサウンド製品は、クラウドファンディングで非常に高い注目を集めています。

XROUNDの最初の製品であるXPUMPは、Kickstarterではたった8時間で目標金額を達成、Makuakeでは目標金額の30倍以上の金額が集まるほど。

XROUNDのXPUMPは過去にレビューしているので、気になっている方は見て下さいね。

接続するだけで最高の臨場感を。世界最小のホームシアター「XPUMP」をレビュー

2018.08.06

今回紹介するAEROもクラウドファンディングで多くの金額が集まっており、目標金額をはるかに超えています。

なぜXROUNDのAEROがここまで注目を集めているかと言うと、革新的なイヤホンだからです。

次に、AEROの特徴を紹介していきたいと思います。

XROUND AEROの特徴

ここからは、AEROの特徴を詳しく説明していきます。

AEROは、独自の技術や素材をふんだんに使っているのが特徴です。

ということで、早速紹介していきましょう。

XROUND AEROの特徴1:3種類の空気力学技術

1つ目の特徴は、3種類の空力学技術を使用していることです。

XROUNDは気の流れに着目し、空気力学を活用した3種類の技術を極めたそうです。

そのため、音楽だけでなくゲームでも使える汎用性の高さを持っています。

ここからは、そんな3種類の空力学技術を1つづつ紹介していこうと思います。

XROUND AEROの空気力学技術:空気気流チューニング材

1つ目は空気気流チューニング材です。

XROUNDのAEROでは、瞬間動態の反応を高めることができる「空気気流チューニング材」を使用しています。

そのため、どんなシーンにも使えるクリアな音を実現しているみたいです。

XROUND AEROの空気力学技術:鋼ノズル

2つ目は鋼ノズルです。

XROUNDのAEROでは、特許取得のSPCCクロム鋼ノズルを使用しています。

SPCCクロム鋼ノズルは、高周波のうち99.9%を反射・伝達することが可能で、特に高音域の歪みを極限に抑えることができます。

そのため、一般的なメタルノズルよりも高周波を再現することができ、目の前に音の光景が広がるような臨場感を感じることができるみたいです。

XROUND AEROの空気力学技術:Vortex Acoustic Damping設計

3つ目はVortex Acoustic Damping設計です。

XROUNDのAEROでは、Aortex Acoustic Damping設計により、音声方向が明確になっています。

そのため、空間感がハッキリし、音楽を楽しむ時はより広いサウンドフィールドを感じ、映画を観る時は素晴らしい臨場感を感じることができるみたいです。

XROUND AEROの特徴2:三次元チューニング

2つ目の特徴は、三次元チューニングを行っていることです。

AEROで行われている三次元チューニングは、三次元のCSD図面で音のリバーブタイム状態を表し、これをベースにAEROの音質イヤホンを細かく細かく調整していきます。

そのため、中高音域の遅延は耳不快感を抑え、高周波適度のリバーブがさらに明確な方向感を感じることができるみたいです。

XROUND AEROの特徴3:イヤーチップ

1つ目の特徴は、付属しているイヤーチップです。

XROUND AEROには、ヴォーカルが強化されるイヤーピースとAERO専用のイヤーピースが付属しています。

そのため、用途や好みによってイヤーチップを選ぶことが可能です。

XROUND AEROの価格は?

AEROの気になる価格ですが、今のところ正式な発表はされていません。

しかし、XROUNDの公式Twitterで価格に関するツイートを見つけました。

どうやらXROUNDの公式Twitterのツイートによると、日本での価格は12000円前後になる予定らしいです。

XROUNDのAEROは、1万円台のイヤホンにしてはかなり作りこまれている方だと思います。

僕個人的に、かなりコスパは良いと思います。

XROUND AEROについてのまとめ

今回は、XROUND AEROの特徴を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

XROUNDのAEROは、独自の技術や素材を使っていたりと、非常に独特なイヤホンです。

価格が12000円前後なのであれば、非常にお買い得なイヤホンだと個人的に思います。

下に公式サイトのリンクを張っておいたので、気になった方はぜひご覧ください。

XROUND AEROの製品情報

商品名:AERO(エアロ)
型番(JAN): XRD-XA01 (0867959000358)
ヘッドホン部
形式:セミオープンダイナミック型
ドライバーユニット:8mm チタンコーティング
感度:103dB
再生周波数帯域:20Hz~40,000Hz
インピーダンス:20Ω
最大入力:20mW
本体材質:アルミニウム合金
コード長:約1.2m Y型 99.9%OFC
入力プラグ:金メッキ 4極ステレオミニプラグ(CTIA規格)
質量:約13g
マイク部
形式:エレクトレットコンデンサ型
指向特性:全指向型
有効周波数帯域:50Hz-10kHz
開回路電圧レベル:-44±3dB
その他:マルチファンクションボタン
付属品:イヤーピース2種S/M/L、ポーチ、説明書
生産国:中国
保証:1年間