【新大学生必見⁈】Officeを無料で使える「Office 365 Education」の紹介

新たな学校生活に向けて、準備をしようとしている時期でしょう。

しかし学校によっては、パソコンだけでなくソフトウェアも必要になるかと思います。

特に大学では、MicrosoftのOfficeが必要になる場合が多いです。

そこで、パソコンと一緒にOfficeソフトを購入を検討されている方もいるかと思います。

実は、通う学校にもよりますが、大学生であれば無料でOfficeを使うことが出来ます。

(ちなみに、大学生だけでなく専門学校に通う方でも使うことが出来ます。)

ということで、今回は大学生の方に向けてOfficeを無料で使う方法を紹介していこうと思います。

今回の内容
  • なぜ大学生はOfficeを無料で使えるのか
  • 大学生がOfficeを無料で使う方法
  • 大学生がOfficeを無料で使う際の注意点

なぜ大学生はOfficeを無料で使えるの?

いったいなぜ、大学生がOfficeを無料で使うことができるのでしょうか?

その理由は、Office 365 Educationを使うことが出来るからです。

Office 365 Educationとは

Office 365 Educationとは、MicrosoftのOffice 365の教育機関向けプランのことです。

Office 365とは、月額課金制のサービスでして、Excel 、 Word、 PowerPoint、 Outlook などの最新バージョンの Office アプリが使い放題になります。

Office 365 Educationは、基本的な機能は通常のOffice 365と同じです。

そのため、WardやExcelといった学校でよく使うソフトを無料で使うことが出来ます。

 

このように、Office 365 Educationは通常のOfficeソフト同様の機能を使うことができるので、学生必見のサービスです。

大学生がOfficeを無料で使う条件

大学生がOffice 365 Educationを使うためには、以下の条件があります。

Microsoftのページによると、条件は以下の通りです。

  • 教育機関から支給された、外部メールを受信できる学校のメール アドレス (たとえば contoso.edu) を持っている。
  • 個人でオンライン プランにサインアップできる法定年齢に達している。
  • インターネットにアクセスできる。

 

これらの条件に全て当てはまっていれば、Office 365 Educationを使うことが出来ます。

もし自分の通う学校が対象なのか心配な方は、「自分の学校名 Office 365 Education」で検索してみてください。

検索結果に自分の通う学校のOffice 365 Educationについてのページが表示されていれば、対象になっている可能性が非常に高いです。

 

ただ、多くの大学や専門学校が対象になっているみたいなので、あまり心配する必要はないと思います。

大学生がOfficeを無料で使う方法

ここからは、Office 365 Educationを使って、無料でOfficeを使う方法を具体的に紹介していきます。

 

まず。Office 365 Educationのサイトにアクセスします。

Office 365 Education

Office 365 Educationのサイトにアクセスすると、学校のメールアドレスを入力するボックスがあります。

学校のメールアドレスを入力します。

学校のメールアドレスが有効であれば、次のページに進みます。

学生ですか?か教師ですか?と聞かれるのでで、学生ですか?を選択します。

 

これで、Officeのソフトをインストールすることができるはずです。

大学生がOffice 365 Educationを使う時の注意点

Office 365 Educationは無料でOfficeを使うことが出来るので、学生にとって非常にいれしいサービスです。

しかし、Office 365 Educationを使う際に注意点が2つほどあります。

在学中のみ使うことが可能

Office 365 Educationは対象の学校に在籍している場合に使うことができます。

そのため、対象の学校を卒業した場合などはOffice 365 Educationを使うことが出来なくなります。

Microsoftの公式ページによると、有効期限が切れた場合、以下のことが出来なくなるみたいです。

Office アプリケーションは機能制限モードとなります。ドキュメントを表示することはできますが、編集や新規作成はできません。
Office Online や OneDrive など、学校のメール アドレスに関連付けられているオンライン サービスは機能しなくなります。

引用:https://products.office.com/ja-jp/student/office-in-education?tab=students

インストールできる台数に制限がある

Office 365 Educationは、インスルールすることができる台数が5台という制限があります。

まあ、5台も使うなんてほとんどの方がないので、あまり心配する必要はないと思いますが。

まとめ

今回は、大学生がOfficeを無料で使う方法を紹介してきました。

Office 365 Educationは在学中という条件がありますが、非常にありがたいサービスですね。

ぜひ試してみてください。