ゼンハイザーのゲーミングヘッドセットの特徴は?製品別で特長をまとめてみた

 

ゼンハイザーとは

まず最初にゼンハイザーについて軽く紹介しましょう。

ゼンハイザーはドイツの音響メーカーです。
ゼンハイザーはヘッドセットが有名ですね。

ゼンハイザーのゲーミングヘッドセットの特長

ゼンハイザーのゲーミングヘッドセットは、

ゼンハイザーのゲーミングヘッドセットにはノイズキャンセリング機能付きマイクロフォンを搭載しています。

ノイズキャンセリング機能付きマイクロフォンは周囲の音を軽減してくれるので、綺麗で聞き取りやすい音声を通話している相手に伝えることができます。

ゼンハイザーのゲーミングヘッドセットを紹介

先程は、ゼンハイザーについての説明とゲーミングヘッドの特徴を説明しました。

 

次に、ゼンハイザーのゲーミングヘッドセットを紹介していこうと思います。

GSP107

このGSP107はゼンハイザーの入門モデルです。

GSP107の特徴をざっくりとまとめてみました。

GSP107
  • 6000円程度と安い
  • オープン型
  • ノイズキャンセリングマイク機能つき

GSP300

GSP300の特徴をざっくりとまとめてみました。

GSP300
  • 密閉型
  • ボリームコントロール
  • XLサイズのイヤーパッド
  • ノイズキャンセリングマイク機能つき
  • 快適なスプリングヘッドバンド

GSP350

GSP350の特徴をざっくりとまとめてみました。

GSP350
  • 密閉型
  • 7.1chサラウンドサウンド対応
  • ソフトウェア対応
  • XLサイズのイヤーパッド
  • ノイズキャンセリングマイク機能つき

Gaming ONE

Gaming ONEの特徴をざっくりとまとめてみました。

Gaming ONE
  • 大口径オープン型
  • XXLサイズのイヤーパッド
  • クッションつきのイヤーパッド
  • ノイズキャンセリングマイク機能つき

Gaming ZERO

Gaming ZERO の特徴をざっくりとまとめてみました。

Gaming ZERO
  • 大口径密閉式
  • XXLサイズのイヤーパッド
  • クッションつきのイヤーパッド
  • ノイズキャンセリングマイク機能つき
  • 立体的な音像認知を実現するゼンハイザーの EAR テクノロジ(Eargonomic Acoustic Refinement)

GSP500

GSP500の特徴をざっくりとまとめてみました。

GSP500
  • 開放型
  • カスタマイズ可能なヘッドバンド
  • 耐久性が高い

GSP600

GSP600の特徴をざっくりとまとめてみました。

GSP600
  • 密閉型
  • カスタマイズ可能なヘッドバンド
  • 耐久性が高い
  • 立体的な音像認知を実現するゼンハイザーの EAR テクノロジ(Eargonomic Acoustic Refinement)

まとめ

今回の内容をざっくりとまとめるとこんな感じ。

POINT
  • 圧迫感がないのはオープン型と開放型
  • 音にこだわるなら密閉型のGAMING OENかGSP600がおすすめ

僕的にはGaming ZEROがおすすめですね。