大学生はバイトに時間使いすぎ?!もっと他に時間を使うべきだと思う。

大学生なら、バイトをすることがほぼ当たり前ですよね。

実際に大学生の僕も勤務時間は時間ですがバイトをしております。

そんな大学生なら当たり前のようにやっているバイトですが、大学生活を続けていくうちに、ふと思うことがあるのです。

大学生はバイトに時間を使いすぎじゃね?

と思うのです。

今回は、大学生がバイトに時間を使いすぎだと思う理由と、何に時間を使うのが良いのかを分かりやすく説明していこうと思います。

大学生はバイトに時間を使いすぎでは?

大学生はバイトに時間を使いすぎていると思います。

別にバイトをするのが悪いとは思っていないし、個人の自由なので誰かが何十時間もバイトをしていようが何も口だしたりはしません。

僕的にバイトよりも他にもっと時間を使うべきことがあるのでは?と思うのですが、なぜか多くの大学生はバイトに時間を使いがちです。

大学生のバイト時間はどれぐらい?

僕の意見だけでと説得力がないので、統計データを元に見てみたいと思います。

文科省の平成28年度の調査で1週間あたりのバイト時間を集計しているのでそれを参考にしてみましょう。

1週間あたりのバイト時間

  • 0時間が28.2%
  • 1〜5時間が10.2%
  • 6〜10時間が16.4%
  • 11〜15時間が18.5%
  • 16〜20時間が14.9%
  • 21時間〜25時間が6.4%
  • 26〜30時間が2.5%
  • 31時間以上が2.5%

平成28年度学生生活調査 – JASSO

大学生の約70%がアルバイトをしているみたい。

しかも約50%は11時間以上もバイトをしています。

月に換算すると、約50時間をバイトに費やしていることになります。

年間にすると600時間もバイトをしていることになります。

 

こんな感じで、結構な時間をバイトに使っていることがわかりますね。

大学生がバイトに時間を使う理由

先程は実際のデータをもとに、大学生がいかにバイトに時間を使っているかを説明しました。

次に、なぜ大学生がバイトに時間を使うのかを説明しましょう。

大学生がバイトに時間を使ってしまう理由は主に以下の2つだと思います。

  • お金がない
  • 暇だから

早速この2つの理由について詳しく説明していこうかと思います。

お金がない

大学生は時間はありますがお金はありません。

しかし大学生活では、遊びやら飲み会やらでお金を使う機会がたくさんあります。

なので大学生活をしていくのに結構お金が必要なのです。

現に僕が大学生になる前は、そんなにお金は使わないだろうと思っていました。
しかし、なにかとお金を使う機会が多く、バイトをしていても結構カツカツな生活を送っています。

ここから具体的な例をあげてみましょう。

ちょっと遊びに行くだけでも、数千円はお金がかかります。
それが旅行となれば数万単位になってしまいます。

飲み会でも1回あたり最低でも2000〜3000円程度必要です。

他にも、自分の趣味や欲しいモノにもお金を使うでしょう。

特に大学生はファッションに関心がある年頃なので服にこだわるでしょう。
大体、最低でも1着あたり数千円から1万円程度ですかね。

そうなると最低でも月に最低でも30000円から50000円程度必要になってきます。

流石にこの金額を親から貰うことはできないでしょう。

なので、多くの大学生は自分で働いてお金を稼ぐのです。

じゃあどうやって稼ぐのかと言うと、ほとんどのが大学生がバイトでしょう。

なぜかと言うと、お金を稼ぐことが1番手っ取り早いからです。

 

バイトは基本的に時給制です。

時給制なら、働いた時間に対して給料がもらえます。

今の時給の全国平均が大体1000円程度なので、月に30時間働けば30000円程度、月に50時間働けば50000円程稼ぐことができます。

こんな感じでバイトを30〜50時間すれば、大学生活で必要な金額は稼ぐことは十分可能です。

 

なぜなら、最初に述べたように基本的に大学生には時間があるので、仮に月50時間バイトに使っても学業に支障がないからです。

その結果として、先程紹介した調査のように多くの大学生はお金を稼ぐためにバイトに時間を使っているのではないでしょうか。

自由な時間がたくさんある

大学生は自由な時間がたくさんあります。

現に僕も高校生の時と比べるとかなり自分の時間が増えましたね。

この自分の時間って大学を卒業して就職をすれば、かなり少なくなります。

なので、自分の時間って超貴重なのです。

しかし、そんな貴重な自分の時間を多くの大学生はバイトに使っています。

なぜかと言うと、大学生はお金がないからです。

正直言って、50000円でも足りないって大学生は結構多いでしょう。

なので、自分の時間があったとしてもバイトに時間を使ってしまうのです。

先程の調査を見ると、全体の4分の1の大学生は月に最低でも約80時間はバイトをしています。

その結果として、先程紹介した調査のように多くの大学生がバイトに時間を使っているのではないでしょうか。

大学生はもっとバイト以外に時間を使うべき

僕はバイト以外のことに時間を使うべきだと思います。

まず前提としてバイトを絶対にやるべきでない!とは思っていません。

僕の思っているのは、バイトはするべきだと思いけど、最低限に留めて他のことに時間を使うべきでは?ということです。

バイトのやる仕事内容は基本的に誰でもできることばかりです。

接客をするスキルは身につくと思いますが、それ以外は特にないです。

なのに多くの大学生がバイトに多くの時間を使っています。

バイト以外に時間を将来の自分のために使えば、短時間でもっと稼ぐことは十分可能なのに、なぜか特に将来に繋がらないバイトばかりしています。

お金を稼ぐだけならバイト以外の方法はいくらでもあります。

実際に僕は、バイトだけでなく副業でもお金を稼いでおります。

副業のメリットはこの記事では省略させていただきます。
もし気になった方は、以前の記事を参考にしていただければ幸いです。

大学生はバイトよりも副業をするべし!現役学生が語る副業のメリットと具体的な方法を紹介

2019.01.29
「過去記事」

副業のおかげで、お金を稼ぐスキルや情報をアウトプットする習慣を身につけることができました。

もし僕がバイトだけでお金を稼いでいたら、これらの知識が身につくことはなかったでしょう。

大学生なら勉強しようよ

大学生はあくまで学生なのですから、勉強に時間を使うべきだと思います。

大半の大学生は卒業したら嫌でも働くのに、なぜかみんなバイトをしています。

そんな時間があるぐらいだったら、勉強をするべきだと思います。

僕的におすすめなのは、自分の価値が上がるような勉強ですね。

例として3つほど挙げるとすれば。

  • 資格を取得する
  • 専門的なスキルを身につける
  • ブログなどで情報を発信する

 

などをするのがいいんじゃなないかなーと。

なぜそう思ったのか、1つずつ説明していこうかと思います。

資格を取得する

資格は、基本的に持っていて損はありません。

ただ、絶対に得するかと言われたら正直微妙です。

 

僕はいろんな資格を持っていますが、全く役になっていない資格がいくつかあります。

そのような資格は取得しても全く意味がないので、時間の無駄にすることになります。

なので僕的には、将来就職したい業で役立ちそうな資格がおすすめですね。

専門的なスキルを身につける

また、専門的なスキルを身につけることも良いでしょう。

例えば、プログラミングとかいいんじゃないかと。

プログラミングができれば就職する幅が広がるし、お金も稼ぐことができるので良い選択だと思います。

実際に僕はプログラミングに無縁の大学に行っていますが、将来の目標のためにコツコツ勉強しています。

もし、プログラミングを始めるならProGateがおすすめですね。
非常に分かりやすいし、アプリでも学習することができるので非常に良い学習サービスです。

ブログなどで情報を発信する

ブログなどで情報を発信することも勉強と言えるでしょう。

情報を発信するならまずはブログから始めてみるのがいいと思います。

ブログは基本的に文章を書くだけなので、先程紹介した資格取得やプログラミングよりも簡単にできます。

文章を書くのが苦手という方もいるかと思いますが、そんなに心配する必要はないです。

なぜなら文章力がない僕でも続けることができたからです。

文章がド下手な僕でもある程度アクセス数と収益はあります。
文章の上手い下手よりも書く内容の方が重要なので、文章が苦手でもブログなら十分やっていけます。

書く内容は、記事を量産できるのであれば基本的になんでもいいと思います。

情報を発信する側になってみる経験として、やってみる価値はあると思います。

実際に僕はブログから検索エンジンやネットの広告ことなど様々なことを学ぶことができたので、やっていてよかったなーと思います。

また最近だとYouTubeでも情報を発信することができるので、どうしても文章が書けないって方は思い切ってYouTubeを始めるのもいいかもしれませんね。

まとめ

今回の内容をざっくりとまとめてみました。

POINT
  • 大学生はバイトに時間を使いがち
  • 大学生なら勉強に時間を使うべき
  • 時間のある大学生のうちに色んなことに挑戦しよう