お年玉で購入したいコスパ最強なゲーミングデバイスを紹介

2019年初日ということで、学生さんはお年玉を貰ったことでしょう。

ちなみに僕はお年玉のほとんどをガジェット系に使っていました。

恐らくこの記事を見ているということは、ゲーミングデバイスが欲しいと思っているはず。

 

せっかく購入するならなるべく安くて性能が良いのを選びたいですよね。

そこで、コスパの良いゲーミングデバイスをまとめてみました。

ゲーミングマウス

コスパ重視でゲーミングマウスを選ぶとすればロジクールがおすすめ。

Amazonだと、ロジクールのゲーミングマウスが10%割引になることが結構あり、非常にお買い得にゲーミングマウスを購入できます。

ロジクール:G402

G402は価格が安いのが特徴。

Amazonでは、定価の半額以下の3000円程度で購入することができます。

実際に使っていますが、程よいサイズ間で手の小さい僕でも使いやすいです。

発売されたのは2014年とかなり昔に発売されてモデルですが、まだまだ現役でバリバリ使っていけるぐらい良いゲーミングマウスです。

 

G402は価格が安くて性能が良いので、初めてゲーミングマウスを購入する人に非常におすすめです。

ロジクール:G403

G403は、先ほど紹介したG402よりも新しいゲーミングマウスです。

そのため価格がAmazonで5000円から6000円程度と若干高いです。

見た目や非常にシンプルで、G402よりも丸みを帯びているのが特徴的です。

 

実際に触ってみたことがあるのですが、丸みがある分g402よりも若干つかみやすいかなーといった印象。

G403では10gの重りをつけることができるので、重量を調節して使うことができます。

G402は、G910rというゲーミングキーボードとセットで購入すると割引があります。

もしゲーミングキーボードをお持ちでない場合は、セットで購入することを検討してみてはいかかでしょう。

ゲーミングキーボード

コスパ重視でゲーミングキーボードを選ぶなら、やはりロジクールですかね。

ロジクールのゲーミングキーボードは、全体的に価格が安く多が届きやすいのが良いところ。

今回の記事では、特に良いなーと思った物を1つを紹介します。

ロジクール:PRO G-PKB-001

PRO G-PKB-001はメカニカルキーボードでありながら、価格が安いのが特徴。

ゲーミングモニター

ゲーミングモニターをコスパで選ぶならBenQがおすすめ。

BenQのモニターは、プロゲーマーにも使われているぐらい人気のあるメーカーです。

人気の理由は、スペックの割に価格が安いからですね。

今回の記事では、BenQのゲーミングモニターの中で2つピックアップして紹介します。

GL2460BH

BenQのGL2460BHは、価格が約15000円とゲーム向けのモニターとしては価格が安いのが特徴ですね。

 

最大フレームレートが60GHzなので、PS4やSwitchを使っている方にもおすすめしたいモニターです。

こちらのモニターは応答速度が1smと速いのでゲームにぴったりなモニターです。

 

すっきりとしたデザインなので見た目がかっこいいです。

GL2460BHは、フレームレートにこだわりがなければ魅力的なモニターですね。

BenQ:XL2411P

XL2411Pは、PCでゲームをするのに最適なのが特徴。

先ほど紹介した、GL2460BHとの違いは主にフレームレートとゲームに最適化されているかです。

こちらのモニターはフレームレートが144GHzと通常のモニターよりも高いのが特徴。

動きの激しいFPSや格闘ゲームでは、フレームレートが高いほど有利と言うれています。

ただ、フレームレートの高いモニターは高額なものが多いです。

しかし、XL2411Pは144GHzのモニターにしては価格が安く評判が良い印象。

XL2411Pは、PCで本格的にゲームをしたいって場合には非常に最適なモニターですね。

ゲーミングスピーカー

ゲーミングスピーカーをコスパで選ぶなら、Razer Nommoがおすすめ。

他の色々と探しましたが、ゲーミングスピーカーは全体的に高額なのもが多く、オススメ!と言えるのがRazer Nommoぐらいしかありませんでした。

RazerのNommoは僕が実際に使っているゲーミングスピーカーです。

Razer:Nommo

Nommoは、価格の割にしっかりとした作りをしており、実用的な機能があるのが特徴です。

Nommoのスピーカーは左右に分岐しており、デスクに置くといい感じになります。

イメージはこんな感じ。

 

Nommoは、見た目だけでなく機能もしっかりしているのもポイント。

スピーカーに付いているつまみで、簡単に音量のボリュームと低音の強さを無段階で調節することができます。

無段階で調節できるため、音の調節に困る心配はありません。

 

気になるNommoのお値段は、なんと約10000円!

結構高い!と思われるかもしれませんが、ゲーミングスピーカーとしては安い方かと。