Philips Hue ブリッジが接続できない!原因と対処法をまとめてみた

僕はPhilips hueを購入して3ヵ月ほどですが、結構な頻度でHueブリッジが接続できなくなることが多々ありました。

あまりにも頻繁に接続が切れるので、何か原因があるだろうと思いました。

そこで、原因を色々と探してみた結果、2つの原因を見つけることができました。

そのおかげで、今ではHue ブリッジの接続が切れたとしても直ぐに対処できるようになりました。

僕の実体験からPhilips hue ブリッジが接続できない原因と思われる問題と、その問題の対処方法をまとめて紹介していこうと思います。

Philips Hue ブリッジが接続できない原因

僕の経験からすると、Philips のHue ブリッジが接続できない場合は主に2つの原因によると思います。

Philips  Hueのバージョンが古い

まず、1つ目の原因として挙げられるのは、「Philips  Hue」のバージョンが古いということ。

Hue専用「Philips  Hue」のアプリのバージョンが古いままだと、Hueブリッジと接続できなくなることがあります、

「Philips  Hue」は大体1ヶ月に1回か2回程度、新しいバージョンに更新されます。

僕の経験談ですが、ブリッジとの接続が全くできない時は、ほとんど新しいバージョンが更新された時です。

Hue自体の更新がされていない

もう一つの原因として、Hue自体のソフトウェアが古いということ。

「Philips  Hue」と同様に、Hue自体のソフトウェアが古いままだとHueブリッジと接続できなくなることがあります。

Hue自体のソフトウェアの更新は、頻繁には行われません。

なので、更新をする必要があることに気が付かずにいると、接続できないということになってしまいます。

僕の経験談ですが、ソフトウェアが古い状態で外出した時に、リモート接続ができなくて困ってしまったという経験があります。

Philips hueが接続できないときの対処法

先程は、Philips hue ブリッジが接続できない原因を2つ紹介しました。

次にその対処法を紹介していきましょう。

Philips  Hueのアプリを最新にする

「Philips  Hue」のバージョンが古い場合は、最新のバージョンの更新しましょう。

現在のバージョンが最新かどうかは、iosなら「AppStore」でAndroidなら「GooglePlayStore」から確認できます。

もし、バージョンが古いければアップデートをしましょう。

 

アップデートが行われるごとに更新するのが面倒という場合は、アプリを自動更新するのがおすすめ。

iosの場合は「AppStore」から自動更新をオンにすれば、常に最新のバージョンに更新してくれます。

ただ、「AppStore」ではすべてのアプリに適応されるのでそこだけはご注意下さい。

もし、iso端末で他のアプリは自動更新させたくない場合は、手動でアップデートするしか方法はありません。

 

Androidの場合は、「GooglePlayStore」から自動更新をオンにすれば、常に最新のバージョンに更新してくれます。

「GooglePlayStore」ではアプリごとに自動更新するかを設定することができます。

Hue自体のソフトウェアの更新をする

Hue自体のソフトウェアが古い場合は、「Philips  Hue」からソフトウェア更新を行いましょう。

 

また、設定をすれば自動更新をすることができます。

指定された時刻に、使用しているライトやアクセサリーのアップデートを行ってくれます。

Philips Hue ブリッジが接続できない原因と対処法まとめ

いかかがだったでしょうか。

今回はPhilips hue ブリッジが接続できない原因と対処法をを紹介しました。

僕の経験からですが、ブリッジが接続できない時は大体「Philips  Hue」アプリのバージョンが更新された時です。

なので、Hue ブリッジが接続できなくなった場合は「Philips  Hue」アプリのバージョンを真っ先に確認してみましょう。

今回の記事が参考になれば嬉しいです。