スタンディングデスクを使う足が痛くなる?半年間使い続けている僕が実践している疲れにくくする方法

僕は、半年間スタンディングデスクで立ったまま作業だったり勉強をするようにしています。

スタンディングデスクを使い始めてから、以前よりも集中できるようになったり疲れにくくなったしとかなり効果を実感しております。

購入したスタンディングデスクは約40000円と僕にとってはかなりの大金でしたが、半年たった今でも買ってよかったなーと思います。

しかし、スタンディングデスクについてネットで検索してみると「スタンディングデスク 疲れる」と「スタンディングデスク 足が痛い」といった関連キーワードを見かけました。

 

スタンディングデスクを使ってみたら足が痛くて使いずらい!という記事を何件か見かけました。

僕的には適切なセッティングと疲れを感じにくくするような工夫をすれば、改善することができると思っています。

 

そんなわけで、スタンディングデスクを使うと疲れると言われる原因と対処方法を、僕の実体験を交えて紹介していこうかなーと思います。

スタンディングデスクを使うと疲れると言われる原因

僕の経験からの意見ですが、スタンディングデスクを使うと疲れるというのは、足に負荷がかかってしまうからでしょう。

僕はスタンディングデスクを半年間使っていますが、全く疲れを感じなかった訳ではありません。

使い始めた時は、1時間程度で足が痛くてつらかったです。

 

スタンディングデスクを使うとなると、自然と立ったままで作業をすることになります。

立っている状態だと足に負荷がかかりっぱなしなので、どうしても疲労が蓄積され続けてしまいます。

なので、スタンディングデスクデスクで作業をする以上、足が痛くなったり疲れてしまうのは仕方がないことです。

疲れをなるべくしないようにする方法

スタンディングデスクを使っていると、どうしても足は疲れてしまいます。

しかし、ちょっとした工夫をすれば疲れにくくすることはできます。

僕が実際に行っているスタンディングデスクでなるべく疲れないようにする対処法を3つ紹介していこうかと思います。

適度に運動する

スタンディングデスクを使う時は、こまめに運動をするようにしましょう。

 

立った状態で同じような体勢でいると、血流が悪くなってしまいます。

血流が悪い状態だと、不老を感じやすかったり体がだるくなったりします。

なので、血流を良くするために適度な運動をしてみましょう。

運動と言っても、筋トレのような激しい運動である必要はありません。

僕の経験からすれば、軽く周辺を歩くだけでも十分効果を感じることがあります。

 

僕の場合は、面倒なのでステッパーを言う健康器具を使って運動を行っています。

ステッパーをざっくり説明すると、家にいながら下半身を鍛えることができるトレーニング機器です。

僕が使っているのは、エクサーのエアロビクスステッパーという物です。

エクサーのエアロビクスステッパーは、アスリート向けに作られています。

そのためステッパーの中では高額ですが、高い耐久性を誇るのが特徴。

【最強のステッパー?!】エクサーのエアロビクスステッパーを購入してみた

2018.10.09

 

基本的には適度に運動できればOKなので、疲れたなーと感じた時は軽く歩くということを習慣にするのが一番手軽かと思います。

 

ただ、ステッパーを持っておくと気軽に運動を行えるのであると便利ですよ。

興味があればステッパーを使ってみるのも良いでしょう。

足元にマットを引く

個人的な体験からですが、フローロングのような床でスタンディングデスクを使っていると足が疲れやすく感じます。

僕はステッパーを使っていない時は少し厚めのマットを床に敷いて作業をしています。

 

ヨガマットは、Amazonで2000円もあれば購入することができます。

基本的にマットなら何でもOKですが、おすすめとしては厚さが10mm以上のヨガマットが良いと思います。

ちなみに僕が使っているのはこちらです。

立つ時間を減らして座る時間を増やす

適度に座って足を休ませてあげることも重要です。

半年以上スタンディングデスクで作業をしている僕ですら、ぶっ通しで作業できるのは3時間ぐらいです。

頑張ればあと2時間ぐらいは作業できそうですが、集中力が低下してしまうので無理しないようにしています。

僕の場合は、3時間スタンディングデスクを使ったら、最低でも30分ぐらいは椅子やソファーでくつろぐようにしています。

 

スタンディングデスクを使うと疲れてしまうって方は、無理せずこまめに椅子に座るなどして立っている時間を減らしてみてください。

慣れないうちは、立っている時間を20分程度にとどめておくのがいいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

スタンディングデスクを使うと疲れると言われる原因と対処方法を紹介してみました。

今回の内容をざっくりとまとめるとこんな感じ

POINT
  • なるべく足への負荷を減らす
  • 適度に運動をして血行を良くしよう
  • 時には椅子に座って休憩をしよう

スタンディングデスクには、肩こりや腰痛の改善や集中力の向上など体に良い効果があります。

しかし、スタンディングデスクは使い方によっては逆に疲れの原因となってしまいます。

今回の記事では触れませんでしたが、デスクの高さが自分に合っていないと肩こりや腰痛の原因になることもあります。

なので、しっかりと疲れへの対策をして、スタンディングデスクを活用していきましょう。

今回の記事が参考になれば嬉しいです。