Apple Watch4を使い始めて1ヶ月が経過。今では欠かせない存在に

AppleWatchを購入して約1か月が経過しました。

たった一ヶ月ですが、今ではiPhoneと同じぐらい欠かせない物となりました。

そこで今回は、AppleWatchを使ってみて良かったなーと感じたことを紹介していきます。

アップル製品との連携が素晴らしい

AppleWatchはiPhoneやMacとの連携が感動するぐらい素晴らしいですね。

 

iPhoneを使うことなく、通知を見たり出来るので非常に便利。

iPhoneの方が使い勝手が良いですが、その反面余計なことをしがちなんですよね。

そのせいで、時間を多く使ってしまうのが個人的に嫌です。

なので、基本的には自分の部屋にiPhoneを置かないようにしています。

しかし、そうなってしまうと、さすがに不便すぎますよね。

 

そこで、必要最低限の機能が使えるAppleWatchを購入した訳です。

僕の場合の最低限必要な機能は、メールやLINEの通知・音楽アプリの操作・ToDoリストの操作ぐらいです。

これぐらいなら、AppleWatchで事足ります。

 

iPhone以外にもMacで使い場合も、AppleWatchがあることにより便利になります。

AppleWatchではMacにも連携することができます。

Macに連携をしていると、AppleWatchを近づけるだけでロックが解除できます、

なので、パスコードを入力するという手間が省けるのです。

 

このように、普段Apple製品を使う機会が多いため、思いのほかAppleWatchが活躍しています。

これだけでも買ってよかったなーと思うぐらいですが、ほかにもまだまだありますよー。

運動を積極的にするように

AppleWatchを使い始めてから、自分でもびっくりするぐらい運動するようになりました。

昔に何度か運動しようと思う機会はありましたが、すぐに挫折していました。

しかし、AppleWatchのおかげで運動を続けられそうです。

その大きな要因は、アクティビティというアプリのおかげです。

 

アクティビティはAppleWatchにはデフォルトでインストールされています。

このアプリ、非常に優秀なのです。

アクティビティでは、一日の間にどの程度動いているのか、運動しているか、立っているかを把握できます。

一日の目標を設定することができ、どのぐらい目標に達成しているのかをリングで表示されるので、非常に見やすいです。

頑張ってリングを閉じようとするので、自然と運動をする時間が増えました。

 

最近ではもっと本格的に運動をしようと思い、「Streaks Workout」というアプリを使っています。

このアプリは有料ですが、使いやすいのでおすすめです。

簡単にワークアウトを記録できるアプリ「Streaks Workout」を使ってみた

AppleWatchのおかげで、運動をすることが当たり前になっています。

これからも、運動することを続けていけそうです。

行動の習慣化ができるように

AppleWatchを使っていくにつれて、もっと便利になる使い方があるかも!とか、もっと運動しようとか思うようになりました。

そんなことを思っていると、もっと普段の生活をもっと改善できるんじゃね?思うように。

 

そこで、「Streaks」というアプリを使って生活習慣を改善するようになりました。

「Streaks」は生活習慣を改善するために特化したアプリでして、実際に使っていますが非常によくできたアプリです。

AppleWatchにも対応しており、僕にとってはピッタリなアプリ。

詳しい内容は、下の記事にまとめています。

習慣を見つけるのに最適なToDoアプリ「Streaks」を使ってみた

 

「Streaks」を使い始めてから以前よりも、より充実した生活を送れるようになりました。

このように、生活習慣を改善できたのもAppleWatchを購入したおかげですね。

まとめ

AppleWatchを使い始めてたったの一ヶ月ですが、自分にとっては大きく変化することができました。

特に今まで挫折していた運動や行動の習慣化ができるようになったのはAppleWatchのおかげです、

 

AppleWatchはガジェットとしても非常に魅力的ですが、それだけではない良さがたくさんあります。

AppleWatchを持っていない方に良さが伝わっていれば嬉しいですね。