習慣を見つけるのに最適なToDoアプリ「Streaks」を使ってみた

最近、生活習慣を変えていこうかと思い、様々なアプリを使っています。

スケジュール管理アプリやToDoアプリなどいろいろ試して見ましたが、いまいちピンとこないんですよね。

しかし、ある時「Streaks」というアプリを発見。

内容を見てみると、習慣を身につけるために良さげ!と思い勢いで「Streaks」を購入してみました。

今回は「Streaks」の特徴と使ってみた感想を紹介しましょう。

Streaksの特徴

Streaksは有料のアプリで価格は600円です。

良い習慣を育むことを助けるために作られたToDoアプリみたいです。

Streakは他のToDoアプリよりも優れている特徴があります。

記録が非常に簡単

Streaksは記録がめちゃめちゃ簡単。

記録する方法も非常に簡単で、リストをタップするだけ。

例えば、「掃除をする」といったリストを作成した場合、掃除をしたらリストをタップするだけ。

他にも、「勉強を20分やる」といったリストを作成した場合、リストをタップしたらタイマーが作動し、経過時間を記録してくれます。しかも20分が経過したら自動的に停止してくれます。

このようにStreaksはめちゃくちゃ使い勝手良いです。

しかしStreaksはそれだけではありません。

なんとStreaksでは、ヘルスケアと連携ができます。

僕の6つのリストにある、マインドフルネスを10分やる・ワークアウトを10分やる・10000歩歩くはヘルスケアで自動的に記録されているため、Streaksにも同様に反映されています。自分で入力する手間がなく非常に楽ですね。

このようにStreaksでは、簡単に記録ができるので面倒になって挫折するようなことはないでしょう。

それぐらい使い勝手が良いです。

シンプルで見やすいレイアウト

Streaksは非常に分かりやすいレイアウトなのも他のアプリにはない特徴ですね。

僕のタスクは下のような感じ。

タスクが6個と少ない上にイラストが描いてあるのでい非常に分かりやすいですよね。

よく文字だけのToDoアプリがありますが、少し堅苦しい感じがしてあまり好みではありません。

しかし、Streakは最小限の文字でかつ分かりやすいイラストがついているので、非常に気に入っております。

またStreaksはApple Watchに対応しています。

Apple Watchでは記録をつけることのみできますが、これで十分です。

このようにStreaksでは、文字だけでなくイラストも使用することにより、他のアプリにはない洗礼されたデザインとなっております。

悪い習慣も記録できる

Streaksでは良い習慣を身につけるため以外にも、悪い習慣をやめるためにも使うことができます。

僕の場合はよく寝落ちをするので、その習慣を改善するためにタスクを作りました。

まとめ

「Streaks」は思っている以上に使い勝手が良くて600円は安い!と思いますね。

僕の場合は、ワークアウトの記録ができる「Streaks Workout」とのセットで買ったので860円で購入できました。

「Streaks Workout」も良いアプリなので、ワークアウトをしている方や運動を習慣化しようという人にぴったりです。

良い習慣を身につけたい!悪い習慣をやめたい!って方はぜひ試してみてください。

ぜひ今回の記事が参考になれば嬉しいです。

Streaks – Crunchy Bagel