ゲーミングキーボードはメカニカルキーボードが多いのは何故?メカニカルキーボードがゲームに優れている理由

人気のゲーミングキーボードはメカニカルキーボードであることが多いですよね。

実際に僕が使っているRazer BlackWidowChroma V2はメカニカルキーボードです。
最近ふとゲーミングキーボードはメカニカルキーボードが多いのに疑問を待ちました。
これは何か訳があると思い、キーボードについて色々調べてみました。

キーボードの種類

まずはキーボードの種類について軽く説明したいと思います。
キーボードには主にメンブレン・パンタグラフ・メカニカル・静電容量無接点方式の4種類があります。
基本的には右に行くにつれて価格帯が上がっていきます。

メンブレンの特徴

メンブレンは価格が安く、多くのキーボードに採用されています。
安価なゲーミングキーボードでも多く採用されていますね。

価格帯は通常のキーボードが1000円から3000円ぐらい。
ゲーミングキーボードであっても1万円以下と非常に安いのが特徴です。

パンタグラフの特徴

パンタグラフは非常に薄い構造になっているのが特徴で、主にノートパソコンのキーボードに採用されています。
価格帯は先ほど紹介したメンブレンとさほど変わりませんが、パンタグラフを採用しているゲーミングキーボードは非常に少ないですね。
というのも、パンタグラフの構造だと薄くなっている分、疲れやすいからでしょうね。
薄い構造だとどうしてもキーストロークが浅くなります。
キーストロークが浅いのはタイピングはしやすかったですが、ゲームとなれば別問題。

実際にパンタグラフのキーボードでゲームをしたことがありますが、非常にやりづらかったです。

メカニカルの特徴

メカニカルは独特な打鍵感があるのが特徴で、10000円以上のゲーミングキーボードで多く採用されています。
メカニカルの特徴である打鍵感はバネの反発する力によって変わります。
バネの反発する力はキーの軸によって全く異なります。

CHERRY製のMXスイッチを採用していることが多いですが、独自の軸を採用しているキーボードもあります。
しかし、どちらも基本的にはほぼ同じといっていいです。
また、安価なメンブレンやパンタグラフよりも耐久性に優れています。

静電容量無接点方式の特徴

静電容量無接点方式は物理的な接点がないのが特徴で、非常に価格が高いです。
物理的な接点がないため、打鍵音はとても静かだし、キーが物理的に壊れることがないので半永久的に使うことができます。
なので、よくタイピングをする人に最適です。

ゲーミングキーボードにメカニカルキーボードが多い理由

メカニカルキーボードを採用しているゲーミングキーボードが多い要因をいくつか挙げてみました。

耐久性が高い

メカニカルキーボードは非常に耐久性に優れています。
ゲームをする場合って基本的に使うキーは大体同じですよね。
特にWASDキーはよく使われるので、耐久性は非常に重要です。
なので耐久性に優れたメカニカルが採用されやすいんです。

しかし、耐久性は静電容量無接点方式の方が圧倒的に高いです。
物理的な接点がなくキーが壊れることはないのですが、静電容量無接点方式のゲーミングキーボードはほとんどありません。
メカニカルよりも耐久性が高いのに静電容量無接点方式が採用されにくいのは、メカニカルにしかない特徴があるからでしょう。

打鍵感が良い

メカニカルにしかない特徴は何といっても打鍵感の良さでしょう。
静電容量無接点方式は耐久性が高いですが、物理的な接点がない分、打鍵感はほとんどありません。
一方のメカニカルの打鍵感が非常に良いです。

個人的な意見ですが、ゲームをする場合は打鍵感がある方が使いやすいので多くのゲーミングキーボードで採用されていると思います。
また、キーの種類が豊富にあり、ゲームをする人の様々なニーズに答えることができるのも要因の一つかもしれません。
メカニカルキーボードには、打ち心地が良い軸や、長時間使っても疲れにくい軸、ボイスチャットで打鍵音が聞こえないような打鍵音が静かな軸など様々なキーの種類があります。

なので、打鍵感があってバリエーションが豊富なメカニカルがゲーミングキーボードに多いんでしょうね、