雷ガード付きの電源タップを使って落雷で家電が壊れるのを守ろう

最近、異常気象が多くて天候が不安定ですよね。
出かけようと思った時に、急に大雨が降るなんとことが珍しくないです。
大雨だけでなく、雷が落ちることも多くなりました。

もし自分の家の近くに雷が落ちたら大変なことになり兼ねません。
停電するのはもちろんのことなんですが、大切なパソコンなどの電化製品が壊れてしまうかも。

雷が原因で家電製品が壊れる

雷が落ちて家電製品が壊れてしまうのは、過剰な電流がコンセントを通じて家電製品に流れてしまうから。
この時の過剰な電流を雷サージと言います。

雷サージ(らいサージ、かみなりサージ、英: lightning surge)は、雷の影響により発生する過渡的な異常高電圧、すなわち「雷大波電圧」(雷サージ電圧)、その結果流れる過渡的な異常大電流「雷大波電流」(雷サージ電流)のことをまとめていう。

引用:Wikipedia.org

雷サージの対策

雷サージは落雷した時に起きることなので、人間では落雷は止めることはまず無理です。
しかし、落雷から家電製品を守る方法はあります。

1つ目は雷が落ちる前に家電製品のプラグをコンセントから外すことです。
家電製品に電流が流れることはあり得ないので最も確実な方法です。
ですが、最近の異常気象では雷がいつ起こるか予測するのは容易ではありません。
家にいる時なら急な雷雨でも対処することが出来ますが、外出中に雷が落ちてしまった時はなすすべがありません。

2つ目は雷ガード付きの電源タップにすることです。
雷ガード付きの電源タップには、雷サージ吸収素子が内蔵されています。
雷サージ吸収素子によって、雷サージによる過剰な電流が電源タップから家電製品に流れるのを防いでくれます。
1つ目の方法よりも面倒な作業が要らないのでこっちの方がおすすめです。

雷ガード付き電源タップの注意点

雷ガード付き電源タップは、手間に導入でき面倒さ作業がないのでおすすめですが注意するべきことがあります。

100%雷サージから守ってくれる訳でない

雷ガード付き電源タップは確実に雷サージから守ってくれる訳ではありません。
最大サージ電圧が低いと、雷サージからの過剰な電流から守りきることが出来ないことがあります。
最大サージ電圧は製品によって異なります。
この最大サージ電圧を超える電圧の場合は雷サージから完全に守ることはできません。

雷サージから守れるのは1回のみ

雷サージ吸収素子によって、雷サージによる過剰な電流が電源タップから家電製品に流れるのを防いでくれるのは最初の1回のみです。
雷ガード機能を使ってしまったら通常の電源タップと同じです。

なのでもし雷ガード機能を使ってしまったら新しい物に交換する必要があります。

おすすめ

雷ガード機能が付いている電源タップで良さげな物を紹介します。

エレコム

この電源タップは最大サージ電圧が12500wと非常に高く安心感があります。
他にも感電や火災に対する対策がいくつかされているので安心して使うことが出来ますね。

サンワサプライ

サンワサプライの電源タップは、雷ガード機能だけでなくブレーカーが付いています。
また雷ガード動作中確認ランプが付いており、雷ガード機能が確認しているかを一目で確認することが出来ます。

まとめ

いかかでしょうか。
最近は雷雨が多いので、万が一に備えて雷ガード付き電源タップを購入してみてはいかかですか。

購入する際は、安物は避けましょう。
安価な雷ガード付き電源タップは、最大サージ電圧が低かったり書いてなかったりするので。