たった3つを改善するだけ朝起きが楽になる方法

朝起きるのは苦手ですか?
朝に弱いと思っていても、それはただの言い訳かもしれません。
というのも、朝起きるのが苦手な人は何かしらの要因があるのです。

朝起きが苦手な人でも、ちょっとしたことを改善するだけで朝起きが楽になる方法があるのです。

朝起きれない原因は睡眠の質が悪い

朝が苦手って人は、何かしらの原因があります。
人によって原因は様々ですが、大体の人は睡眠の質が悪いから。
多くの人が当てはまるであろう原因をいくつか紹介していきます。

睡眠時間が短い

睡眠時間が短いのはとても良くありません。
人によって最適な時間は変わりますが、大体7時間から8時間が良いとされています。

流石に8時間の睡眠をとるのは難しそうですが、7時間の睡眠なら出来そうですね。

7時間を下回ると睡眠の質に影響が出るので、ちゃんと脳を休めることが出来なくなります。

脳を休める事が出来ないと、起きる時にダルさを感じる原因になりうるのです。

寝付きが悪い

寝ようと思ってもなかなか寝ることが出来ないと睡眠の質に影響を与えます。

寝付きが悪い原因はストレスによることが多いです。
もし寝付きが悪いと感じたら寝る前にマインドフルネスをするのがオススメですね。

強い光を浴びている

つい寝る前にスマホをダラダラと触ってしまっていませんか?

寝る前にスマホと触っているのはとても良くありません。
スマホのブルーライトを浴びていると眠りに影響するホルモンのバランスが崩れてしまうのです。
最低でも1時間ぐらい前はスマホを触るのを避けるのが良いです。

どうしても使いたい場合は、画面の明るさを下げたり、画面を白黒にするのが良いでしょう。

朝起きより楽になるアイテム

次は、起きるのが楽になる方法を紹介していきましょう。
先ほど紹介した睡眠の質が悪い原因を改善するだけでも朝起きが楽になるのですが、ちょっとしたアイテムを使えばもっと快適な朝にする事が出来ます。

音で起きるのは意味がない?!

実はアラーム音を使って起きるのはあまり効果はありません。
特にアラーム音が鳴る前に起きてしまうのは、ストレスの原因になりうるのでとても良くありません。

光で起きるのがベスト

朝起きる時は、光を浴びるのが一番良いです。
人間はもともと太陽の光で起きるので、音で起きるよりも効果があるは当然のこと。

光を使って起きるのにぴったりなのがPhilips Hue Goです。
設定さえすれば自動的に最適なタイミングで照明が点いてくれる優れものです。

寝る前は光を遮断しよう

先ほどは朝に光を使って起きる方法を紹介しましたが、寝る前は光を避けるのが良いです。

部屋を真っ暗にするのがベスト。
照明を完全に消すだけでも効果はありますが、遮光カーテンにするとより効果的です。

まとめ

いかかだったでしょうか。

まずは睡眠時間を確保することと強い光を避けるためにスマホの時間を減らしましょう。
スマホは自分の思っているよりも多くの時間を使ってしまうので、寝る前だけは我慢です。

スマホを無意識に触わらなくなる3つの方法

POINT
  • 睡眠時間は7時間から8時間
  • 寝る前は光を避けよう
  • 起きる時は音ではなく光が良い