ただ光るだけの照明じゃない!Philips Hueがゲーマーにおすすめ。

照明って、普段何気なく使っているいる人が大半でしょう。
僕はとりあえず光ればいいという考えで、あまり照明について気にしていませんでした。
しかし、照明の色によって集中力が向上するということを知り、色々と照明を調べてみました。
調べてみると、Philips Hueという照明がとても良さげ。
というのも、Philips Hueはただ光るだけではない照明だからです。

Philips Hueとは

Philips Hueを簡単に説明するとIoTに対応した照明のことです。

IoTとは

モノのインターネットとは、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組みである
引用:https://ja.wikipedia.org

普通の照明として使えるだけでなく、ブリッジと呼ばれる機器と接続することでスマホなどのデバイスから制御をすることができます。

なのでPhilips Hueは離れている所から照明をコントロールすることができます。
例えば、外出先から電気を消したり付けたりすることができます。
また、Philips Hueでは音声でのコントロールも出来るので、スマホでの操作の他にスマートスピーカーでの操作することも可能です。

ここまでは他のIoT照明にも似たような機能があります。
しかしPhilips Hueはゲーマーにぴったりな機能がついています。

Philips Hueを使えばデスクを鮮やかに

ゲーミングPCやゲーミングデバイスを使っていると、電飾にこだわりたくなる人が結構いるかと思います。
僕は以前まであまり電飾に関しては興味なかったのですがこの動画を見たときは感動しました。

映像を見てもらえばわかると思いますが、とても色が鮮やかですよね。
電飾でよくありがちなギラギラ感が全くありません。
というのもPhilips Hueでは1600万色に対応しているため、美しい発色をすることができるのです。
また任意の色に変えるだけでなく、自動的に音や映像に合わせて発色してくれます。
音や映像に発色を合わせてくれるので、一体感が出ますね。

また、Philips Hueでは、RazerのソフトウェアのRazerSynapseに対応しているRazer製品に合わせて照明の色が変化させることができます。
上の動画を見てみるとゲームの状況によって色が変化しているのがよくわかりますよね。
Philips Hueを使うことで、より映像に迫力や臨場感を出すことができます。

パソコンやデスクの電飾におすすめなPhilips Hue

Philips Hueライトリボンプラス

ライトリボンはケーブル状になっている照明です。
長さの調整が可能で33cmごとに切ることが可能です。
また短くするだけでなく、延長オプションで最大10mまで延長することも可能です。

使い方は簡単で裏に接着テープが着いているので、付けたい位置に貼るだけ。
パソコンケースに取り付けたり、デスクの側面に取り付けたりするといい感じになりそう。

Philips Hue Go

Goは置き型の照明です。
バッテリーを内蔵しているので持ち運びもできます。
先ほどの動画のように左右に1つずつ設置するといい感じになりそう。