PS4対応!ゲーム実況やボイスチャットに最適な高音質マイクを紹介

ゲームをしながら味方と会話をしたり、ゲーム実況をする時にマイクは欠かせません。
ヘッドセットについているマイクでも使えなくはないです。
しかし、ヘッドセットについているマイクは音質がイマイチで声が聞き取りずらい物が多いのが現状です。

僕個人的な意見ですがどうせだったら別に用意すべきだと思います。
今回はゲーム実況やボイスチャットにぴったりなマイクを紹介していきましょう。

音にこだわるならコンデンサーマイクがおすすめ

マイクは主にダイナミックマイクとコンデンサーマイクの2種類です。
音にこだわるのならコンデンサーマイクがおすすめです。

コンデンサーマイクのメリット

コンデンサーマイクのメリットは細かな音まで収録してくれるところです。
ダイナミックマイクは使い勝手は良いですが、音に関してはコンデンサーマイクにはかないません。

コンデンサーマイクのデメリット

コンデンサーマイクのデメリットは振動と湿気に弱いところです。
コンデンサーマイクはちょっとした振動でもノイズが入ってしまいます。
また、強い衝撃を与えたり、湿気によって壊れやすいのでダイナミックマイクと比べて取り扱いに注意が必要です。

おすすめのコンデンサーマイク3選

SONY:エレクトレットコンデンサーマイクロホン

このマイクはAmazonでベストセラーのマイクでとても人気で、ゲーム実況に使っている人が多いです。
人気の理由は価格ですね。
このマイクはAmazonで約3000円で購入できます。

デザインや機能はシンプルですが、ゲーム実況やボイスチャットであれば十分です。
実際に使っている人との通話や動画を視聴しましたが、音質も3000円とは思えないほど良いです。

価格重視の人におすすめなコンデンサーマイクです。

Razer:Seiren X

このマイクはゲーミングデバイスで有名なRazerのコンデンサーマイクです。
他のUSBマイクと比べると圧倒的にスリムでコンパクトなデザインでかっこいいです。
Seiren Xはただコンパクトなだけでなく、衝撃を逃すためにビルトインショックマウント構造と呼ばれる構造によって高い耐衝撃性があります。

AVerMedia:AM310

このマイクはキャプチャーデバイスで有名なAvermediaのコンデンサーマイクです。
実際に僕が使っているマイクはこのAM310です。

ゲーム実況にぴったり?!AVerMedia AM310を実際に使ってみた感想

AM310をずっと使っていますが、クリアな音を拾ってくれるので買ってよかったと。
また重量感があり、作りがしっかりしているので使っていて安心感があります。

他に購入したほうがいい物

マイクアーム

マイクって声を拾うために自分の近くに置く必要があります。
ほとんどな場合がキーボードやマウスにの近くに置くことになり、ゲームをしている時に邪魔になるんです。
マイクアームを使えば、使いたい時に自分の近くに持ってくることができます。

机に置いている時よりも邪魔にならないし、使わない時にさっと移動できてとても便利です。
見た目もスッキリするし見栄えが良くなるので、お金に余裕があったら購入してみましょう。

ポップガード

ポップガードは、コンデンサーマイクを使うなら買っておくべきアイテムです。
ポップガードを使うメリットは2つあります。

ノイズを軽減する

コンデンサーマイクは細かな音を拾うため、ポップノイズを拾いやすいです。
ポップノイズは自分の息や破裂音のこと。
ポップガードを使うと、ポップノイズを軽減することができます。

湿気からマイクを守る

コンデンサーマイクは湿気にとても弱いです。
マイクは自分の口元で声を出しますよね。
自分の息やつばによってマイクに湿気が高い状態になってしまいます。

ポップガードを使うと、自分の息やつばの湿気からマイクを守ることができます。
実際に僕が購入したポップガードはこちらです。