悪い睡眠習慣の改善に役立つアプリ3つ

なかなか寝ることができなかったり、ちゃんと寝たはずなのに朝起きるとだるいといった人は悪い睡眠習慣が身についている可能性があります。
そこで僕が実際に使っている悪い睡眠習慣を改善する3つのアプリを紹介します。

Sleep Meister

Sleep Meisterは睡眠の質を測定し、最適なタイミングで起こしてくれるアラームアプリです。
どのように睡眠の質を測定しているかと言いますと、加速度センサを使って人の動きを検知することによって測定しています。

使い方

Sleep Meisterの使い方はとても簡単。

まずアプリを起動したらアラームの設定をします。
デフォルトでは設定した時間よりも30分早くアラームがなるようになっています。

これは最も浅い眠りのタイミングで起こすためみたい。
設定した時間にアラームがなるようにしたい人は、右下の設定からアラームタイムを選択して時刻選択から睡眠時間に変更しましょう。

アラーム設定が終わったらスタートを押し枕元に置くだけ。
そして起きた時にStopを右にスワイプして測定終了です。
基本的な設定はこれだけです。
他にもいくつか設定できますが、デフォルトで十分かと思います。

使ってみた感想

Sleep Meisterはアラーム時間を設定すればあとは自動で記録してくれるので、すごく便利。
面倒くさがりな僕ですらずっと続けているぐらいなので、是非一度使ってみてください。
Sleep Meister – 睡眠サイクルアラームLite – Naoya Araki

メントレ

メントレはメンタリストDaiGoさんが監修したマインドフルネスアプリです。
作成したのは弟さんのkeigoさんみたいですね。
実はマインドフルネスでには睡眠の質が改善させる効果があります。
そんなマインドフルネスをする時に役に立つアプリがメントレです。

使い方

具体的な使い方はチュートリアルでわかりやすく説明があるので、ざっくりと説明します。

アプリを開いたら画面の下にある+ボタンを押します。
すると4つの項目が出てくるので、上の段の左側のボタンを押します。

あとは時間を設定し、指をカメラに当てて再生ボタンを押すだけです。
時間になると振動で教えてくれます。

使ってみた感想

指がずれると振動によって教えてくれたり、良い状態だと小鳥のさえずりによって教えてくれるので、良く作られているアプリだと思います。
あと瞑想をすると経験値が貰えレベルが上がっていくのでモチベーションが下がりにくいですね。

リリース当初は発熱がすごくてフリーズが頻繁に発生したのでしばらく使っていませんでした。
しかしアップデートによって発熱が抑えられていて長時間でも問題なく使えるようになり、今では欠かせないアプリになりました。

今後もアップデートで改善していくみたいです。
瞑想はストレス解消や脳の活性化だけでなく、睡眠にも効果があるのでおすすめです。
メントレ(メンタルトレーニング) – keigo matsumaru

マインドシャッフル

先ほど紹介したメントレと同じく、メンタリストDaiGoさんが監修しています。
このアプリは認知シャッフル睡眠法を行う為のアプリです。
認知シャッフル睡眠法というのは、脳を活性化を抑えて入眠しやすくする睡眠法です。

寝る時につい頭の中で考え事してしまったことありませんか?
頭の中で考え事をしていると脳が活性化してしまいなかなか寝付けないですよね。
マインドシャッフルは脳の活性化を抑え睡眠のサポートをしてくれる素晴らしいアプリです。

使い方

アプリを開いたら時間と単語パックを設定しましょう。
デフォルトでは30分で単語パックはプリセット1になっています。
そのままの設定でも十分ですが、自分で時間を変えたり単語パックを作成することもできます。

設定が終わったら真ん中にある月のマークを押します。
すると残り時間が表示され一定間隔でランダムな単語が再生されます。
あとは再生された単語について考えるだけ。これだけで楽に寝ることができます。
デフォルトの読み上げる速さは少し早いので1にすることをおすすめします。

寝つきが悪い人は効果を感じやすいかも

本当に効果があるのか疑問に思って使ってみましたが、かなり寝つきが良くなりました。
先ほど紹介したSleep Meisterの入眠潜時を見てみると明らかに時間が短くなっているです。
実際に使ってみると、余計な考えことがなくなり楽に寝付くことが出来るようになりました。

バックグラウンドで再生できないことと、マナーモードで使うことができないのが改善してくれたらと思います。
寝ている間に画面がついたままだとバッテリーを消耗するので少し気になりますね。
僕はいつも寝る前は通知が来ても音やバイブレーションがしないようにマナーモードにしています。
しかしマインドシャッフルはマナーモードの状態で使うと音声が流れないので改善してほしいなと。
機内モードにすれば解決することだけど、やっぱりマナーモードの方が楽だから出来ればマナーモードでも使えるようになったらいいなーと思います。
マインドシャッフル – keigo matsumaru

まとめ

今回紹介した3つのアプリを使えば悪い睡眠習慣の改善に役に立ちます。
3つのアプリ全て操作が簡単で使いやすいので是非試してみてください。