AVerMedia,ハイエンドゲーミングPC向けのキャプチャーカードとキャプチャーボックスを販売

アバーメディア・テクノロジーズ株式会社はキャプチャー機器であるGC573とGC553を7月20日に発売されます。
今回発売されるキャプチャー機器はハイエンドゲーミングPC向けとなっており、高画質・高フレームレートに対応しているのが最大の特徴です。

GC573


GC573はPCIe接続のカードタイプで、4K HDR 60p録画、1080p 240Hzの高リフレッシュレートに対応し、最新のゲーミング環境でもプレイ画面の録画を実現します。

価格は36800前後(税別)となっています。

4Kp60 HDR録画対応

高精細な4k HDR 画面でゲームをプレイすることができます。またゲームをプレイしながら録画も可能です。

高フレームレート/高リフレッシュレート対応

144Hz@1440p(録画時 最大120fps)、240Hz@FHD(録画時 最大240fps)をサポート。
ハイエンドグラフィックカードやゲーミングモニタとの利用も可能で、ハイエンドゲーミングPCの性能を生かすことができます。

RGB Lighting

RGBをLED搭載されており自由に変更ができまさにゲーマー向けと言えるでしょう。

GC553


GC553はUSB3.1接続の外付けタイプで、ノートPCなど様々な機種でご利用になれます。
4K 60p HDRのパススルーに対応し、最大で4K 30pの録画が可能です。1080p 240Hzの高リフレッシュレートパススルーに対応、高機能ゲーミングモニタをご利用の方に最適です。GC573よりもスペックが劣るが汎用性が高いのが特徴です。

価格は30800前後(税別)となっています。

4Kp60 HDRパススルー対応

高精細な4K HDR画面でゲームをプレイすることができます。

高機能映像処理回路搭載

インテリジェント映像処理回路を搭載することで、4Kp60 HDR をパススルーしながら4Kp30録画を可能にしました。

高リフレッシュレート対応

144Hz @1440p(録画時 最大60fps)、240Hz@FHD(録画時 最大120fps)をサポート。
ハイエンドゲーミングモニターとの利用も可能。