SurfaceGoは大学生の用途にぴったりな件について

2018年7月11日にMicrosoftがSurfaceGoという新しいタブレットPCの発売を発表しました。
色々と詳細を見て見ると、SurfaceGoって大学生にぴったりじゃん!と思ったわけです。
どこが大学生にぴったりなのかを簡単にまとめました。

Surface Proとの違い

Microsoftでは、SurfaceGo以外にSurfaceProというタブレットPCがあります。
SurfaceProと大きく違う点は以下の3つです。

画面サイズが小さい

SurfaceProが12.3インチなのに対し、SurfaceGoは10インチとサイズが約2インチ小さくなったいます。
10インチは少し大きめのタブレットといったサイズです。
SurfaceGoは作業スペースが少ないですが、サイズが小さいので鞄に入れやすかったり持ち運びがしやすいといったメリットがあります。

CPUが違う

SurfaceProではCore m3ですが、SurfaceGoではPentiumとなっています。
PentiumはCore シリーズよりも処理性能が低いため、複数のソフトを使って作業をしたりするのには向いていません。
しかし、ブラウザを使いながらOfficeソフトでレポートを書くといったことなら問題なく動かせるCPUなので多くの大学生には十分なスペックといえそう。

重量が軽い

SurfaceProの本体重量は768gでキーボードを取り付けると約1000g程度です。
SurfaceGoはさらに軽くなっています。
本体重量は約522gでキーボードの重量が現時点ではわかりませんが、おそらくsurfaceProよりも200g以上軽いでしょう。
SurfaceGoは持ち運ぶ頻度が高い人にぴったりなタブレットPCですね。

SurfaceGoが大学生にオススメな理由

デザインが良い

大学生って見た目を重視する人多いですよね。
Surfaceはスタイリッシュで見た目はバッチリ。

デザイン面でいったらノートパソコンのMacbookも良いですが、Windowsに慣れていないのであればSurfaceの方が良いかと思います。
というのも、大学や企業の多くがWindowsなんで、Windowsに慣れるという意味でMacよりもSurfaceの方がいいかと。
SurfaceはMacに負けないぐらい洗礼された良いデザインです。

持ち運びがしやすい

大学生の多くがノートパソコンを購入するでしょう。
その理由のほとんどが場所を取らないですね。
デスクトップパソコンだとパソコン本体を置くスペースだけでなくモニターやキーボードといった周辺機器を置くスペースが必要になります。

大半の人がレポートぐらいの用途でしか使わないため、性能が低くても場所を取らないノートパソコン選ぶでしょう。
また人によっては大学に持ち運びたいという人もいるでしょう。
特にSurfaceGOは画面サイズが小さく、コンパクトで軽いので持ち運びがしやすいです。

価格がお手頃

パソコンといったら高額といったイメージを持つ人が多いかと思います。
確かにパソコンは高額で10万円程度の物が大半です。

しかし、一般向けに販売されるSurfaceGoは約70000円からとパソコンにしてはお手頃価格です。

Microsoftのofficeが付属していてこの価格だったら、レポート程度の用途であれば十分ですね。
アルバイトを少し頑張れば買える価格なので、お金に余裕がない大学生でも手が届きやすいかと。

まとめ

SurfaceGoは価格が安いのでレポートぐらいでしかパソコンは使わないよって学生にはぴったりじゃないか。