2018年はゲーミングスマホ元年になりそう!注目の3機種を紹介

外出先でもゲームをしたいけどわざわざゲーム機やタブレットを持ち運ぶのは多くの人が面倒だと思うでしょう。
しかしスマホならどうだろう。スマホなら手軽に持ち運べますよね。
最近のスマホゲームは、高グラフィックを必要とするタイトルが人気な傾向があります。
なのでゲーミングスマホはそこそこ売れるんじゃないかと僕は思います。

注目のゲーミングスマホ3機種を紹介

ゲーミングスマホはまだ種類が少ないですが、求められるスペックが高いスマホゲームが増えゲームに特化したスマホの需要も高くなるでしょう。
そこで2018年に日本に登場するかもしれない注目のゲーミングスマホを3つ紹介していきます。

Razer Phone

こちらはゲーミングデバイスのメーカーであるRazerが作ったゲーミングスマートフォンです。
デザインがスタイリッシュでかっこいいですよね。
ただそれだけではありません。

ゲーミングスマホなだけあってスペックは化け物です。
5.7インチで解像度が1440 x 2560となっており、ほぼ同サイズである5.8インチのiPhoneXよりも高解像度です。
また解像度が高いだけでなく最大で120Hzのリフレッシュレートとなっており流石ゲーミングを名乗るだけあってかなり高スペックなのが特徴ですね。

非常に良いゲームミングスマホだと思うんですが、残念ながら日本では正規品の販売がされていません。
RazerPhone自体は2017年末に発売されたのですが、国内正規品としてはまだ発売されていないみたい。
一応、Amazonで並行輸入品を購入できますが、個人輸入した方が安いので米Amazonでの購入をお勧めします。

ROG Phone

これはPCパーツやゲーミングデバイスで有名なAusuのスマホです。
Ausuと言えば、ZenPhoneシリーズが以前からあります。
そこに新たにゲーマー向けのROGブランドのスマホが2018年の夏頃に発売されることに。
それが今回紹介するROG Phoneです。
ROGブランドの物だと一目でわかるデザイン。
ロゴが光り、ROG製品らしさが伝わってきますね。

ROG Phoneは別売りの周辺機器が豊富です。
例えばゲーム機かのような姿に変身したり。

他には大きなロゴの付いた外付けファンがあったりします。

どちらもゲームに特化した周辺機器となっており、機能性もデザイン面も良いですね。
さすがROGブランドを名乗るだけありますね。

Huawei

Huawei の製品と言えばコスパが良いことで人気ですね。特に二万円代のスマホが人気みたい。
よく、格安SIMとセットで販売されていたりしますね。
最近はハイエンドモデルが多い気がしますが。
そんなHuaweiが2018年内にゲームに特化したスマホを発売する予定だそう。
スタイリッシュなデザインのスマホを多く販売しているので、RazerPhoneと似たようなスマホの仕様になるかと。
Huaweiは勢いのあるメーカーなので今後どうなるのか注目ですよ。

まとめ

今年は荒野行動やPUBG Mobileが流行し、スマホゲームもますます流行りそうな予感。
高グラフィックを必要とするゲームが増えたことによりゲーミングスマホも注目されることでしょう。
しかし日本で正規品の販売があるのかが気になるところではあります。
スマホもゲーミングを名乗る時代となり、ますますゲームが身近なものになりそうですね。