G29の特徴は?実際に触ってみてわかった良い点とイマイチな点

あなたはレースゲームを何で遊んでいますか?
きっとこの記事を読んでいるということはおそらくハンコンを持っていない方かと思います。
レースゲームをするならハンコンを使わないと100%楽しむことはできません。
しかしハンコンって他の周辺機器と比べて高いしレビューもあまりされていないのでどれを買えばいいのかよくわかりませんよね。
実際僕はハンコン選びにとても悩みいろんなハンコンを実際に触ってみました。
今回はロジクールのG29を実際に使ってみて感じたことを紹介しましょう。

G29の特徴

スペック
対応ハード:PC,PS3,PS4
フォースフィードバック:あり
ステアリングの可動域:〜900°
駆動構造:デュアルモーター
ペダル数:3ペダル
G29はフォースフィードバックが付いていたりステアリングの可動域が900°あり、ゲームを遊ぶ上で最低限必要なスペックはありますね。
アマゾンでは4万円台で売られていて、正直ハンコンにしては安すぎず高すぎずといった感じですね。

G29の良い点

ハンドルが握りやすい

G29のステアリングはレザーで覆われておりとても握りやすいのが特徴。
ハンドルの握りやすさは運転する上でとても重要。特にレースゲームでは頻繁にハンドルを切るので滑りやすかったら集中できませんよね。
ラバーのステアリングだと使い始めは問題ありませんが長時間プレイしていると少し握りづらくなってしまいます。
しかしG29はレザーで覆われているので滑りづらく長時間プレイしても快適に遊ぶことができます。

ハンドルがコンパクト

G29のハンドル直径は28mmと少し小さめとなっているのが特徴。
コンパクトなので運転は非常にしやすいです。
ただ実車よりもサイズが小さいのでリアルさを求めるならT300RSが良いでしょう。
T300RSのハンドル直径は30mmでより実車に近いです。

ボタン類の配置が良い

ボタン類が1つの場所に密集されていて運転中での操作がしやすいです。
比較されがちなThrustmasterのハンコンはL2とR2がかなり離れていて少し不便です。
その点ロジクールのG29は密集されていて良い印象ですね。

LEDインジゲーター付き

G29のハンドルにはLEDインジゲーターが付いています。
LEDインジゲーターが付いているのはFanatecのハンコンとロジクールのG29ぐらいです。

保障期間が長い

G29は保証期間が2年と長めです。
ハンコンの保障の多くは1年間なのでG29の保障はしっかりしていると言えるでしょう。

G29のイマイチな点

触り心地は良いが見た目はチープ

先ほどハンドルが握りやすいと紹介しましたが、見た目は少しチープな感じがします。
見た目にこだわりがなければ問題ないでしょう。

ハンドル最大回転数が900°までしかない

G29の同等の価格帯のハンコンの多くは1080°(三回転)まで対応しています。
しかしG29は900°(二回転半)までしか対応していません。
大半のゲームは900°まででも十分ですが気になる人もいるかと思います。

T300RS GT Editionとの比較

よくG29はT300RS GT Editionと比較されます。

価格帯や機能面が似ているのが要因かと思います。

価格的にはG29の方が手が出しやすいです。

しかし、機能面ではT300RS GT Editionの方が良いかなーと思います。

G29がおすすめな人

ハンドルがレザーで滑りづらく直径が小さく運転しやすいので、操作性重視な人にぴったりなハンコンです。
しかし実車に近い操作性を求めるのならThrustmasterのT300RSの方がいいでしょう。

お得にハンコンを買うならアマゾンよりもWowma!がお得です。