SteelSeriesのマウスパッドを2年間使ってみてわかったイマイチな点

マウスパッドといえばどのメーカーを思い浮かべますか?
僕の場合はSteelSeriesですね。
なぜならSteelSeriesのマウスパッドはAmazonでベストセラーであり続けているから。

2年間SteelSeriesのQcKを愛用してきましたがベストセラーなだけあって今だに買ってよかったなーと思いますね。
実際に2年間使っていると、良い点も悪い点も見えてくるもの。
良い点ではなく今回はあえてイマイチだった点を3つ紹介します。

イマイチな点その1:生地が薄い

QcKはちょっと薄すぎるんです。
今メインで使っているRazerのマウスパッドと比べてみると差は歴然。

きっと価格を抑えるためでだと思いますがもう少し厚みがあったらなと個人的には思います。

イマイチな点その2:エッジが剥がれやすい

QcKはエッジが加工されていないので使っているうちに布が剥がれていきます。
結構簡単に剥がれてしまうんですね。購入して数ヶ月後には目立つぐらい剥がれました。

Razerのマウスパッドのようにほつれ防止スティッチ加工がされていれば剥がれることは無くなるでしょうが、コストがかかるので省略しているんでしょうね。

イマイチな点その3:裏面が滑りやすい

QcKの裏面はラバーになっていて滑り止めの効果があるのですが結構滑るんです。

生地が薄く裏面のラバーのグリップが弱いので激しくマウスを動かすと僅かですが動いてしまいます。
埃で汚れている時なんかは特に滑る。しかも埃がなかなか落ちないので大変です。
僅かといえどゲームに支障が出るので無視できる問題ではありませんよね。

まとめ

SteelSeriesのマウスパッドのイマイチな点を紹介しましたがいかかだったでしょうか。
かなり酷評した感じに立ってしまいましたが、決して悪いマウスパッドということではありませんよ。

マウスの滑りは良くゲームを快適に遊ぶことができます。
価格を考えたらかなり頑張っていると思います。
価格が安いので仕方がないのかなーと割り切って使うなら良いかもしれませんね。