ゲーム実況にぴったり?!AVerMedia AM310を実際に使ってみた感想

ゲーム実況をする上でマイクもはとても重要。
実況するわけなので収録する音声の音質は重要になってきます。
いくらゲームの画質綺麗でプレイが上手くてもこもったり割れるような音声だったら見たくないですよね。
でもマイクって何がいいのかわからないのであればAVerMediaのAM310がおすすめです。

AVerMediaとは

まずAM310のメーカーであるAVerMediaの説明を簡単にしていきます。
AVerMediaではゲームを録画するキャプチャーデバイスを中心にゲーム向けのオーディオ製品を作っています。
キャプチャーデバイスは多くのYoutuberやゲーム実況者で使っている人が多く人気ですね。

AM310の特徴

AM310はAVerMediaのマイクなだけあってゲーム実況向けに作られているコンデンサーマイクです。
コンデンサーマイクは音を細かくクリアな音声を拾ってくれるためゲーム実況に最適。
ゲーム実況向けなだけあって普通のコンデンサーマイクにはない機能がたくさんついています。

ドライバー要らずで簡単に使える

AM310は自分でドライバーを入れる必要がなくUSBケーブルをパソコンに刺すだけですぐに使うことができます。¥
またUSBでの接続なのでPS4などのゲーム機でも使えるのがいいですね。

ミュートの切り替えが楽

音量調節ができるつまみを押すとマイクをミュートにすることができます。
通常の状態だとLEDは青色になっています。

ミュートがオンになっている状態になるとLEDが赤色に変わります。この状態になるとマイクがミュートになり音が入力されなくなります。

ヘッドホン端子がついている

マイクの後ろにヘッドホン端子がついています。
ヘッドホンから出る音は前面にあるつまみでボ簡単に調整でき、この機能が超便利。
ゲーム音が大きいなーと思ったときにいちいち設定でいじる必要がないのでとても便利です。

自分の声をモニターできる

PCとMONITORを切り替えることができ、PC側にすると接続したパソコンやPS4といったゲーム機器の音を聞くことができMONITOR側にすると自分の声をモニターすることができます。

自分の声をモニターできると言うところがゲーム実況向けな感じがしますよね。

まとめ

いかがだったでしょうか。
AM310は難しい設定がなくゲーム実況を初めてみたいといった人にぴったりなマイクです。

音質も綺麗な音だしミュートを簡単にできたりモニターできる機能があったりと機能面もバッチリ。
実際に購入してみて数ヶ月経ちましたが買ってよかったなと思っています。
値段は少し高めですが購入する価値はありますよ。