AppleIDの2ファクタ認証の現在地が違っていても問題ない

新しいApple製品でログインしようとした時に今まで使っていたデバイスにApple ID サインインが要求されました。というテキストと現在地が表示されたら2ファクタ認証によるものです。

2ファクタ認証とは

まず2ファクタ認証とはなんぞやというと、新しいデバイスでApple IDにログインすると時にメールアドレスとパスワードだけでなく信頼済みのデバイスに自動的に表示される6桁の確認コードかSNSで送られる6桁の確認コードを入力しなければいけない認証のこと。
参照:Apple IDの2ファクタ認証-Appleサポート
簡単にいうとログインしたことないデバイスは信頼できるデバイスかApple IDに登録したSMSが受け取れるデバイスがないと認証できない仕組み。
2ファクタ認証によって不正ログインされることを防いでくれます。

ログインする時に表示される現在地が違う場合がある

2ファクタ認証を有効にした状態で新しいデバイスにログインしようとすると信頼されているデバイスに現在地が表示されます。

この現在地なんですがたまに全く違う場所になることがあります。僕が一度ログインする時に表示された現在地が全く違いました。
ですが2ファクタ認証に表示される現在地は気にしなくていいです。

現在地が違っていても自分がログインしようとした時に表示されるだけなら問題ない

もし仮に現在地が違っていても自分がログインしている時に表示されていたら許可して問題ありません。
表示される現在地はアバウトなので自分がログインしようとするタイミングで上の画像が表示されれば第三者によるアクセスの可能性は低いです。
僕が一度ログインする時に表示された現在地が全く違いましたが、自分のログインするタイミングと現在地が表示されるタイミングと一緒だったので許可しましたが問題ありませんでした。
心配なら一度許可しないを選択して時間を空けてログインしてみて同じ状態なら大丈夫なはず。
しかし自分で新しいデバイスでログインしようとしていない時に上の画像が表示されていたら第三者がによるアクセスの可能性を疑ってください。

まとめ

基本的に新しいデバイスでログインする時に信頼されているデバイスに表示される現在地が違っていても問題ないです。
しかし心当たりのない時に表示されたら不正ログインの可能性があるので許可するのはやめましょう。
2ファクタ認証は不正アクセスの対策としてはいい機能だと思いますが現在地が正確でないのなら表示させる意味ないんじゃ・・・