ゲーミングPCはロマンを捨てれば安く済む

ゲーミングPCって普通のパソコンよりも性能がいいけどめちゃくちゃ値段が高い。といった印象があるかもしれません。

しかしゲーミングPCはロマンを捨てれば安く済むんです。

ハイエンドのパーツを使わなければ安く済む

ゲーミングPCを買うなら超高性能のハイエンドモデルを買いたい!と思うかもしれませんが実際のところ高性能のゲームミングPCを最大限に性能を発揮する用途って少ないんですよ。

CPUでいうとi7はゲームだけの用途ですとi5とあまり変わりません。

例えばi7 8700とi5 8400を比較しますと1万円以上差があります。

  • i7 8700 約34000円
  • i5 8400 約20000円

グラフィックカードですとGTX1080tiやGTX1080は4KやVRをしなければGTX1070でも十分快適です。

例えばGTX1080とGTX1070を比較すると1万円以上差があります。

  • GTX1080 約80000円
  • GTX1070 約70000円

CPUとグラフィックカードだけでも2万円以上安く済みます。

正直、i5 8400とGTX1070でも性能が高くフルHDならほとんどのゲームが快適に動くので、もう少し性能を落としても良いのならもっと安く済みます。

例えばCPUをi3 8100にしてグラフィックカードをGTX1060にすればさらに5万円以上安く済みます。

  • i3 8100 約14000円
  • GTX1060 約40000円

4KやVRを快適に遊びたいといった用途でなればハイエンドである必要はないです。

光らせなけらば安く済む

よくゲーミングPCは光るといったイメージがあるかと思います。

しかし光るパーツは通常のパーツよりも高いことが多いです。

PCの基盤があるマザーボードではLEDがついた物は2万円以上のハイエンドクラスが多く1万円程度のマザーボードにはついていないことが多いです。

PCケースの場合ですとLEDがついているケースは高いものが多いです。

LED付きのPCケースは以前まとめたので是非見てください。

他のパーツでもLEDがついたパーツはロマンがある分価格が高いです。

なのでLEDで光らせるといったロマンを捨てれば安く済みます。

まとめ

性能の高いハイエンドのパーツやLEDといった外見にロマンを求めなければゲーミングPCは安く済みます。

特に性能に関しては自分の用途以上はいらないと思います。

僕はフルHDでゲームが快適に動けばいいので10万円以下で自作PCを組みました。

ゲーミングPCは高いといったイメージがあるかと思いますが性能や外見のロマンを捨てれば安く済むんです。