初めてハンコンを買うならT300rs一択の理由

レースゲームをやっていたらハンドルで操作したくなりますよね。
僕が初めてレースゲームをした時はPS4のパットで遊んでいましたが、物足りずT300rsを購入しました。

ハンコンってどれがいいかよく分からないし値段がピンキリでどれを買えばいいかわかりませんよね。

僕はハンコンを買うならT300rsを選べば間違い無いと思います。

ペダルにクラッチが付いている

安物のハンコンだとブレーキとアクセルの2つしか無い事が多いです。

正直、クラッチがついていないペダルはおすすめできません。

理由は2つありゲームによってはクラッチを必要とするケースがあるのと、安定性が悪いことです。

1つ目はゲームの設定でクラッチがなくても動かせるようにできますがリアルなの操作がしたいのであればおすすめできません。

2つ目の安定性が悪いということはペダルの幅が狭くブレーキを強く踏み込むと倒れたり浮いてしまう可能性があるということ。

しかしT300rsのペダルはクラッチが付いています。

クラッチがついたことによりペダルの幅が広く安定感があり、使っていて違和感がありません。

FFBが強い

T300rsはFFBが強いです。

FFBとは

フォース-フィードバック。 ある装置やシステムが,操作者に対して外力を与えることで,何らかの情報を伝えること。 また,その機能。 レース-ゲームのハンドル装置で自動車の振動を再現する機能など。

引用元:IT用語辞典Weblio辞書

レースゲームをする上でFFBは必須。なのでFFBがついていない安物ハンコンは買うのはおすすめしません。

T300rsにはFFBがついていて、上位モデルのT500rsに比べいたらパワーは劣るものの十分パワーがあります。

僕は8割程度にパワーを落として使っていますがそれでも長時間プレイすると腕疲れます。

それぐらいT300rsのFFBはパワーがあるのでT300rsを買っておけばFFBに関して不満はないかと。ロジクールに似たような価格帯のG29がありますがFFBが弱いのでパワーがあるT300rsの方がいいかと思います。

ハンドルやペダルを変えれる

ロジルールでは別売りのハンドルやペダルはありません。しかしT300rsのメーカーのThrustmasterではハンドルやペダルが単体で売っています。

ハンドルですと直径が少し大きめのハンドルやフェラーリのレプリカのハンドルなどがあります。ペダルですと細かな調整ができる上位互換のT3PA-PROがあります。

これらのパーツを交換できるのは国内正規品のThrustmasterではT150とT300rsとT500rsのみです。この中で一番安いT150ではペダルにクラッチがついないのでおすすめできません。

まとめ

T300rsを買っておけばまず後悔する事は無いでしょう。

値段は高いですが十分満足できるハンコンなのは間違い無いです。

お得にT300rsを買うならWowma!がお得です。