ゲームはi3でも十分!予算10万円でゲーミングPCを自作してみて思ったこと

ゲーミングPCで調べてみるとほとんどのCPUがi7かi5です。
しかし僕的にはi5やi7でなくてもi3で普通にゲームできるから十分じゃんと思います。

ゲームはi3で十分

よくゲームであればi5のCPUで十分とか最低でもi5とか書いてあるのをネットで見かけますが僕的には別にi3で十分だよって思います。
性能を比較してみると性能が低いですがゲーム用途であれば特に問題ないです。

僕はi3で組んだ自作PCでゲームしています。
全体のスペックはこんな感じ。

BTOならエントリーモデルに位置付けられるぐらいのスペックです。BTOで同じぐらいの性能のゲーミングPCは10万円程度かな。

よくBTOの紹介記事を見ると15万円ぐらいのゲーミングPCをおすすめと書いてありますがエントリーモデルで十分じゃないかと僕は思います。
何故かというとエントリーモデルであってもこだわりがなければ十分遊べちゃうから。
どんなゲームも最高画質でやりたい144Hzでやりたい4Kでやりたい。のならば、i3だといくらグラフィックカードが高性能でもCPUがボトルネックになり最大限の性能が発揮できないことがあります。

でもどうせ買うなら妥協したくないと思われるかもしれませんが、144Hzで遊びたいなら144Hz表示できるゲーミングモニター(だいたい3,4万円)、4Kで遊びたいなら4K出力ができるモニター(だいたい5,6万円)します。
周辺機器だけでなく144Hzや4Kであっても快適に動くだけのグラボ(7万円以上)が必要になります。
そうなるとかなり費用がかかるのでよほどゲームにこだわりがある人以外はお金を出すことはないでしょう。
なのでほとんどの人がi3で全然事足りちゃうと思います。

因みに僕が自作したパソコンはFFのベンチマークスコアが7000台と高いスコアではありませんが、フルHD画質ならほとんどのゲームをカクカクすることなく遊べます。
BF1といったゲームでも設定を少し下げれば問題なく遊べちゃう。

例外もあるよ

フルHDで60FPSで遊ぶのであれば全く問題なくゲームを遊ぶことができます。
ゲームを遊ぶ分にはi3のCPUで十分ですが、人によってはi3じゃ満足できない場合があります。

60FPS以上でゲームをする場合

PCでゲームをするようになるとゲーミングマウスやゲーミングキーボードといった周辺機器に興味が出てきます。
そうなるとモニターも普通にじゃなくてゲーミングモニターにしたいと思うでしょう。
ゲーミングモニターには60FPSのモニター以外にも144FPSや240FPS表示できるモニターがあります。

FPS値が多くなるほど映像がヌルヌルになり激しい動きをするFPSゲームや格闘ゲームでは有利になります。
144FPS以上表示させるにはグラフィックカードの性能が良ければいいだけではなくCPUの性能も影響します。
そうなってくるとi3のCPUじゃ心もとないんです。

フルHD以上の解像度でゲームをする場合

横幅が広いワイドモニターや4Kモニターといったモニターを使って遊ぶとなるとi3のCPUでは心もとないです。
理由は先ほど似ていますがフルHD以上の解像度でゲームをするとなるとグラフィックカードの性能が良ければいいでだではなくCPUの性能も影響します。

まとめ

いかかだったでしょうか。

CPUの性能は高性能なグラフィックボード(GTXの70番台や80番台)でなければボトルネック(CPUの処理性能が足を引っ張ってグラボの性能が発揮できないこと)になることはありません。
例えば特にフレームレートにこだわりがなかったりフルHD画質で満足しているのなら高性能なグラボを使ってももて余すだけなのでCPUはi3で十分ですよ。

あくまでもi3でゲームをしている僕の意見ですが参考になればうれしいです。
i3の性能が向上したからかBTOのゲーミングパソコンでも最近はi3のPCのバリエーションが増えてきてきました。

しかしBTOのパソコンを予算10万円で探しているのならレノボのY520がコスパが良くておすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください