RyzenのAPUはライトゲーマーにぴったり!おすすめの構成例も紹介

グラフィックカードって高いですよね。

ゲームをするとなったらグラフィックカードがないとまともに動かないのが常識でした。

しかし、軽くゲームをするぐらいならAMDのAPUならグラフィックカードなしてもゲームができるパソコンを作ることができるかもしれません。

AMDのRyzenシリーズからグラフィックボードを内蔵したAPUが発売され、安くて軽いゲームなら遊べるぐらいグラフィック性能がアップしたのです。

そうなるとグッと予算を抑えることができます。

そこでRyzenのAPUで予算6万円ぐらいで軽いゲームができる構成してみました。

CPU:Ryzen5 2400G

今販売されているAMDのAPUの中で最上位モデルのRyzen5 2400Gをチョイス。

今回は外部のグラフィックカードを使わない構成なのでここだけは妥協しない方が良いでしょう。

メモリー:Corsair CMK8GX4M2A266C16

外部のグラフィックカードを使うなら安いメモリーで十分なのですが、今回の構成のようにCPUの内臓グラフックを使うとなると性能に大きな影響が出てしまいます。

なので少々な弾が高いですが高性能なメモリーを選びましょう。

基本的にMHzの値が大きいほどメモリーの性能が高いです。

できればヒートシンクが付いていたりOCができるメモリーにした方が無難です。

マザーボード:ASRock AB350M-HDV

OCができるマザーボードの中で約7000円とかなり安かったのでこれをチョイス。特にメーカーにこだわりがなければ一番コスパがいいです。

SSD:Colorful SL500 320G

今回の構成では軽いゲームしかできないのでそんなに容量は要らないと思い、320GBのSSDが良いかと。

SSDは足らなくなったら簡単に足すことができるのでとりあえず少なめでも問題ありません。

ケース:Fractal Design Core 1100

PCケースの中で評判のいいメーカーであるFractal DesignのCore 1100をチョイス。

マザーボードがMicroATXなのでケースもMicroATXにピッタリのモデルであるCore 1100にしました。

価格も安く今回のテーマにピッタリ。

電源:Corsair CX450M

450Wの電源が良いでしょう。

今回の構成ではグラフィックカードを取り付けないため電源容量は少なめで問題ありません。

450Wの中でも評判のいいCorsairがおすすめですね。

まとめ

パーツの値段を合計すると約62000円だったのでほぼ予算どうりで構成できました。今回の構成だとメモリーの容量が少ないのがネックかな。

この構成だとPUBGといった重いゲームだと最低画質で遊べるかな・・・といったこんじでしょう。しかしMineCreftやCSGOといったゲームなら設定を下げることなく遊べるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください