家庭用ゲーム機を遊ぶにはモニターではなくテレビという風評があるのが不思議でしかたない

最近PS4でモンハンに新作がでてPS4を購入しようとしている人もいるでしょう。

ゲームをするならパソコンではなく、任天堂のSwitchやPS4といった家庭用ゲーム機が人気なようです。僕的にはパソコンのゲームも面白いので流行ったらいいなーなんて思いますが、ゲームをするためにパソコンを買うのはなかなか浸透しないでしょうね。最低でもPS4の倍の値段するし。

家庭用ゲーム機って3万円ほどで買えちゃうので多くの人がPS4やSwitch買うわけですわ。

まあそこは僕的に仕方がないことだとは思っているんです。

でも何故か知らないけどPS4とかの家庭用ゲーム機ってテレビで遊んでる人が多い。

たまたまテレビがあるから使っているのは分かるけどPS4を買うからテレビを買うって人を何人か見たことがあるんです。

僕からしたら不思議でした。

モニターの良いところ

どうせ映像を映すだけなのだからどっちでもいいじゃん。と思われがちですが

ところがどっこい

結構違うんですよ。

種類が豊富

テレビって案外種類少ないんです。

しかも最近のテレビは高解像度な4Kや色が鮮やかな有機ELディスプレイに力を入れていて価格が高いモデルが多い。

まだ地デジは4K対応していないのに何で今買うの?と不思議でたまりません。

家庭用ゲーム機も同様に4Kのテレビを買ったところでほとんどが4Kに対応していません。

大体は4Kの半分の解像度のフルHDまでしか対応していません。

しかもフルHDのテレビって今少ないんですよ。

しかしモニターはというとフルHDのモニターがたくさんあります。

価格が安い

テレビって安くても5万円ぐらいしますがモニターは安いものだと1万円台からあるし、いいモニターでもフルHDまでなら4万円台で買えちゃいます。

遅延が少ない

あまり気にしたことがないと思いますがテレビって映像がかなり遅延するんです。

遅延はゲームの動きに影響があることなので低遅延の方が有利なのです。

多少の遅延なら大して変わりませんがテレビとモニターでは遅延が倍以上するのでテレビはゲームに向かないんです。

テレビを見ないならモニターのが断然いい!

地上波やBSなどを見るのならばテレビを買うのならテレビを買うのは分かります。

でもゲームをしたいから映像を映し出すためだけのためにテレビを買うのはもったいない気がします。

モニターのが安く手に入るし性能がいいので。

まとめ

モニターのいいところを書きましたが地上波やBS放送とかよく見る人ならばテレビを買ってついでにゲームのしちゃえって事ならわかります。

でもゲームをメインでやる予定ならわざわざテレビを買うって人が結構いるのでなんか不思議だなーなんて思ったって話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください