予算5万円以下で激安ゲーミングPCの構成例

正直言って予算五万円では普通はゲーミングPCは無理です。
しかし新品でなく中古のパソコンやパーツを使えば格安でゲーミングPCを作ることができるのです。

中古の法人向けパソコンを購入

中古のパーツのみでゲーミングpcを作る事も可能ですがおすすめではありません。
なぜかと言うと、昔のパーツは相性が合わない事ことがあるから。
まぁよほど古いパーツでなければ相性問題は大丈夫だとしてもCPUにあったマザーボードを探すのも面倒だし価格も安く抑えれるか微妙なところ。

中古のパーツを掻き集めるぐらいだったら中古のパソコンを買えば良いじゃんって事です。

特に中古のパソコンの中でも法人向けのパソコンは格安で大量に売られているのでお買い得です。
大体おすすめなのはCPUがi5で2万円台のモデルで出来ればケースが大きいパソコン。

なぜケースが大きいパソコンが良いかと言うと1番は排熱を良くするためですね。
法人向けパソコンは高負荷を掛けるような作業で使う目的ではない事が殆どなためCPUファンも貧弱。
しかもオフィスに置いても邪魔にならないよう出来るだけ小さくする為に排熱効率が悪い。

なのでなるべく熱がこもりにくい大きめのパソコンがベスト。

グラボ選びは慎重に

法人向けパソコンはとにかく中が狭いため入るグラボの大きさに注意が必要。
しかも法人向けパソコンの場合は電源容量が少ないため選択肢がかなり少ないです。
なので今の段階でおすすめなのはGTX1050tiです。
補助電源入らず省電力なグラボの中で1番性能が良いのがこのGTX1050ti。
予算は五万円なのでちょうど良いぐらいの値段です。

残りの1万円ぐらいはメモリーの増設すべし

中古のパソコンとグラボを合わせて大体4万円ぐらいなのでメモリーの増設をしましょう。
大体法人向けパソコンはメモリーが4GB程しかありません。
さすがに4GBでゲームをするのは厳しいです。
なので自分で増設しちゃいましょう。
自分でやるのが怖いと思われるかもしれませんが、ただはめ込むだけなので誰でも出来ますよー。
しかも今で多く出回っている中古のパソコンは規格が1世代前のDDR3というものなので安く手に入れる事ができます。
とりあえず4GBのメモリーを買って合計8GBにしましょう。値段は4000円ぐらいと手軽です。

予算50000円のゲーミングPCおすすめ構成

中古パソコン:Dell Optiplex 7010SF Core i5 約24000円

2万円前半で購入でき性能もまずまずなのでこれをチョイス。

グラボ:MSI GTX1050ti 約20000円

サイズの小さいGTX1050tiで安いのがこれ

メモリー:シリコンパワー4GB 約4000円

安いしアマゾンで検索したら1番上に出てきたから!
多分問題なかろう。

気になる合計は…

合計で約48000円!
OS込みでこの値段はかなり安いです。
しかし中古で購入したパソコンにグラボが付けれない可能性があったりするので注意が必要です。

なので予算があと30000円ぐらい出せるのなら新品のパーツで自作する事をおすすめします。
すべて新品のパーツで自作するのであればRyzen5 2400Gで組んでみるのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください