他人と比較するのってどうなのって話

誰しもが一度は他人と自分とを比較したことがあると思います。
なんかふとした時につい気にしちゃうんですよねー。

特に学力とか運動能力は他人と比較すること誰しもがあると思います。
クラスで1人は遊んでばかりいるのに成績が良かったり、どんなスポーツでも軽々こなす人がいたはずです。
今思えば、自分は全く出来ないのに何であいつはできるの?と自分が気づかないうちに比較したりしていましたね。
でもそうゆうのって元々の能力が違うし仕方ない。
なのであまり他人のことを自分と比較しないほうが幸せなんじゃないのかな。

他人よりも劣っているとか思う必要ってない

他人と比較して自分ってこんなに出来ないんだ。とかなんであの人はできて自分には出来ないんだろうという劣等感を持つことは誰にでもあること。
僕なんて大して勉強や運動できなかったりするので他人よりも劣っているのは仕方ないと思っています。

努力すればなんとかなるだろと言う人もいるでしょうが、人間は限界があるしその限界って人それぞれだから他人よりも劣っていると意識するのってどうなのか。
その劣等感が原動力となり人よりも数倍の努力をする人もいるし、逆に自分に対して自信を無くしどんどんネガティヴになるといったこともあるので人それぞれですよね。

なので負けず嫌いな人は努力をしようとするポジティブな方にいくのならば他人を意識する方が良いだろう。
でもその反面、自分は他人よりも劣っているから自信がないといった人はネガティヴな方にいく場合がある。

その場合はあまり深く考えずに客観視するほうが楽なんじゃないだろうか。
一度、自分の感情を殺して自分の客観視してみましょう。
するとふとした時に自分の強みや価値観と言うものを見るけることができる。

特に価値観は他人と比較しても優劣はない。

この価値観を大切にしていたら他人と比較する事をまずしなくなるでしょう。
だって他人とは能力も違えば価値観も違う。

そんなの比較したって仕方ないじゃん。
人って単純にお金のように1円よりも10円のほうが良いと言うもんじゃないしね。

外見も違えば知能も運動能力も価値観も、様々な事が一人一人違うのにわざわざ比較する必要ないんじゃなかろうか。

そもそも他人と比較する必要はない

他人は他人。他人のことなんて気にしずに自分と向き合っていくことが大切なんじゃないかな。

比較することは別に悪いことではないと思うけど、あまり気にする必要は…んーないよね。
どうしても比較されることはあるだろうし誰かと比べたくなるのは分かるんですよ。
でもそれによって自分は劣っているとか思わずに、まぁいっか人それぞれだしと思ったほうが気楽。

他人と比較するよりも過去の自分と比較するほうが良い。
過去よりも成績が良くなったりすると自信が付くし比較対象が自分だから元の能力同じだしね。

他人と比較して優劣を決めるより過去の自分と比較するほうが良いじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください