ゲームを思いっきり楽しみたいならゲーミングpcにすべき

最近、eSportが日本でも認知され始めゲーミングpcについての特集をテレビで紹介されたりして嬉しいばかりです。

特にゲームが好きな学生ではゲーミングpcが欲しいって人多いと思います。

ゲームなんてPS4で良いじゃんと特にゲームにそこまで関心の何人はそう思うでしょう。しかしゲームの種類や拡張性などPS4と圧倒的な差があると思います。

パソコンは一般的に10円以上するものが大半ですがPS4は3万円なのでパソコン高っ。と思いますがPS4みたいにオンラインで遊ぶのにお金がかかることなんてほとんどないし、ゲームの種類が豊富でなおかつ安い。

PS4のソフトでは8000円ぐらいなのが普通ですよね。

しかしパソコンのゲームはそこまで高価なゲームは少ないです。

今人気のPUBGでさえ3000円。そして世界で超人気なLoLは無料です。

少しだけLoLをプレイしてみましたがゲーム性が良く、本当に無料なのかよってクオリティ。

ゲーミングpcの大きな欠点は価格⁇

よくゲーミングpcで紹介されているのは15万円前後のBTOパソコン。

一応BTOパソコンの説明をします、車を購入するような感じです。

ある程度スペックが決められていて、そこから自分の用途に合わせパーツをカスタマイズする感じ。

BTOパソコンの大きなメリットは自分で組み立てる手間がなく、自分に合ったパソコンを買うことができること。

しかしBTOパソコンの多くは基本構成で10万円を超えることが多いです。

しかも多くのBTOメーカーは15万円以上のパソコンを勧めています。

さすがにゲームだけの用途でこの値段は高額ですよねぇ。

ゲーミングpcは10万円程度で十分

パソコンでゲームをするなら15万円以上必要と聞いたらさすがに高いと思うでしょう。

でも実際のところゲームをするだけの用途だったら10万円もあれば十分です。

BTOパソコンを紹介しているサイトでは最低でも15万円ぐらいのがイイヨとか書いてますがそんなことはありません。

あながち言ってることは間違いないのですが10万円程度のローエンドモデルでも十分です。

僕が最近組んだパソコンは10万円ぐらいですが特に動作が気になるとかはありません。

最高画質で快適にしたい!と言う人は15万円程度のミドルスペック以上は必要だと思いますが、画質はそこまで気にし無いのならわざわざ高い金使う必要ありません。

あとゲームを快適にしたいならi5以上は必要と書いてあるサイトもありますがそんなことはないよー。

i3でも問題ないです。

もっと言うと1万円以下のCPUでも問題まりません。

グラフィックボードも1万円台のgtx1050tiであっても殆どのゲームが普通に遊べます。

もちろん画質を落としたりする必要がありますがね。画質を落としたとしてもPS4より綺麗なので問題ないでしょう。

なので10万円以下の予算であってもパソコンでゲームを思いっきり遊べちゃうのです。

まとめ

グラフィックボードの性能が飛躍的に良くなっているため低価格のパーツであっても十分ゲームを楽しめます。

なのでパソコンでゲームをするための座敷が低くなっています。

PS4とは比べ物にならないぐらいのゲームの多さ、価格の安さは長期的に見るとゲーミングpcの方がコストパフォーマンスが良い気がします。

PS4だとオンラインするだけで毎月お金かかるしゲームソフトの単価高いので。

ゲームが好きな人は絶対一度はパソコンでゲームをしてもらいたい。切実に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください