そろそろCoffee-Lakeで自作するので予算15万円で自分なりの構成を紹介

最近、Intelが新しいCPUのCoffeeLakeを発表しました。

自作PCを作ろうかなぁと思っていたので自分が作るであろう構成を紹介します。

以前、予算10000円で構成を考えましたが今回は予算15000円以内で構成を考えました。

では早速紹介していきましょう!

CPU:Core i5 8400 約24000円

以前は4コアだったんですがCoffeeLakeでは6コアになったのでこれをチョイス。

6コアのCPUの中では一番価格が手頃だったのが決めて。

4コアのi3も魅力的ですが価格もそこまで高くないし予算が15000円以内なのでi5でいいっか、て感じです。

しかし今はi5の在庫がどこのショップにもないので今すぐ組めないのが残念。

 メモリー:CrucialDDR4-2666(8GB)×2枚:22000円

以前の予算100000円での構成では今メモリの価格が高いし後から増設できるのでとりあえず8GBあれば大丈夫っしょ、多分。といっていましたが予算的に余裕があるので今回は8GB二枚で16GBのものをチョイス。

 マザーボード:MSI Z370 GAMING PLUS:15000円

グラボ:MSI GTX1050ti GAMING X 4G 20000円

約17000円と安いし僕の使い方にぴったりだと思ったのでGTX1050tiをチョイス。

SSD:CT525MX300SSD1 約18000円

とりあえず人気だったから。

M.2も気になったんですがコスパ重視だったので予算オーバーになるので却下しました。

HDD:WESTERN DIGITAL WD20EZRZ-RT [2TB SATA600 5400] 約6500円

2TBあれば大丈夫だと思ったのでこれにしました。

価格も安いですし。

PCケース:Define R5 FD-CA-DEF-R5-BK [Black] 約13000円

Fractal Design Define R5 Black Pearl PCケース CS4987 FD-CA-DEF-R5-BK

Fractal Design Define R5 Black Pearl PCケース CS4987 FD-CA-DEF-R5-BK

このPCケースは消音性が高かくてメンテナンスもしやすく評判がいいです。

デザインも無駄がなくシンプルなのもポイント。

電源:Corsair CX550M CP-9020102-JP 約6000円

Corsair CX550M 80PLUS BRONZE認定 PC電源ユニット PS627 CP-9020102-JP

Corsair CX550M 80PLUS BRONZE認定 PC電源ユニット PS627 CP-9020102-JP

グラボが補助電源が入らないGTX1050tiなので消費電力は少ないので500ちょいあれば全く問題ないでしょう。

予算よりも10000円安くできた!
すべてのパーツをまとめると

CPU:Core i5 8400 約24000円
メモリ:CFD W4U2400PS-4G [DDR4 PC4-19200 4GB 2枚組] 約22000円
マザーボード:ASUS H370 約15000円
グラフィックボード:ASUSPH-GTX1050TI-4G [PCIExp 4GB] 約20000円
SSD:Crucial MX300 CT275MX300SSD1 約18000円
HDD:WESTERN DIGITAL WD20EZRZ-RT [2TB SATA600 5400] 約6500円
PCケース:Fractal Design Define R5 FD-CA-DEF-R5-BK [Black] 約13000円
電源:Corsair CX550M CP-9020102-JP 約6000円
価格を合計すると…

約124500円!!!

あれれ、予算が25000円ぐらい余っていしまった。なのでグラボを1060にする方が良さげ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください