何でもかんでも写真をとる人ってなんなの

最近、町中や飲食店に行くとスマホで写真を撮る人が多くないですか。

オシャレなものは片っ端から写真を撮りのをよく見ますね。しかしそこまでして写真に納める必要ってあんのかな。

そもそもそんなに写真を撮ることって必要?

最近町中などで写真を取っている人の殆どがSNSに載せるためだけなのが多い。
たかがSNSなんかにそんなに夢中になれるなぁー。と
 僕は普段から写真を撮る習慣がないのでなんでそんなにみんな写真とんの??と思っています。
だって写真なんか撮ったところで見返すことがほとんどないじゃん
みんな写真を撮ってSNSに上げて終わりじゃないですか。
そも一瞬のためだけに特に好きでもないデザートをオシャレだからという理由で買うのは僕には理解できない。他にも危険な場所や立ち入り禁止の場所で平気で写真を撮る人がいるらしいがさすがにやばいでしょ。
もちろん全ての人がそうではないですが。

実は写真を撮らない方が記憶に残る

思い出にするだけなら写真を撮らない方が記憶に残るというデータがあります。
写真を撮ると逆に記憶されにくくなります。写真で撮って後から見ればいいやと思ってしまうので納得できます。
この事実を知ってもほとんどの人が今までと変わらず写真を撮り続けるでしょう。

ほとんどの人が承認欲求を満たすためにしているだけ

なぜ多くの人が写真をなんでもかんでも撮るのでしょう。
理由は簡単
なぜならSNSで写真をたくさん載せている人のほとんどが承認欲求を満たすためだから。
なんかSNSを無理に頑張っちゃう人って周りに流されることが多い。
ですが周りがやっているから自分もやらないとと思うのはナンセンスです
周りに流されず、自分を貫くほうがよっぽど人生面白い。
でも周りからオシャレに思われたい。といった承認欲求のために時間やお金を使ってしまう。でもそれって本当に自分がしたいことなのだろうか。自分がしたいと思ってもないことに時間やお金を使うことはなら思い切って自分のしたいことを貫く方がいいじゃないですか。
別にSNSをすること自体が悪いことではないです。
僕だってSNSしてますし。まだほとんどやっていませんが。

しかし最近、インスタ映えとかよく聞きますがたかがいいねを貰うための欲求にお金を使ったり危険を犯してまで写真を撮るのってなんか違うと思う。

だってたかが写真じゃないですか。
記憶に残らないし、写真で思い出を残すぐらいなら自分の目に焼き付けたほうがいいんじゃね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください