大学生ならmacを買うべき3つの理由

高校生まででは全くパソコンを使う機会がなくても大学生ともなればゼミやレポート等で使う機会が増えます。

そんな時ほとんどの人が特に何も考えずにWindowsのノートパソコンを買うでしょう。

僕からしたらなんでmacという選択肢がないんだろうと思っちゃいます。

もちろんWindowsは普及率が高く多くの会社で使われていますがMacも素晴らしいものですよ。

学生が使う分の用途ではWindowsでもMacでもできてしまうのでどうせだったらMacを使ってみても良いんじゃないかな。

そこで今回は大学生ならMacを買うべき3つの理由を紹介しましょう。

操作感がiPhoneに近く普段パソコンを使わない人でも使いやすい

大学に行くと多くの人がiPhoneを使っています。

僕の体感的には8割ぐらい。

だったらパソコンはWindows使わずにMacで良いじゃん。

なぜかというと同じAppleが作っているので操作感が似ているんです。

特にトラックパッドの操作感は使ってしまうと他のWindowsのノートパソコンなんて使いづらくてたまりません。

iPhoneとの連携が便利!

Macは操作感が似ているだけでなくiPhoneとの連携がめちゃめちゃ便利!

標準ブラウザのSafariなんかはiPhoneとMacを連携させるとiPhoneで見ていたページを勝手に同期してくれてMacで同じぺージを表示させてくれる機能があります。

他にも画像のようなデータをBluetoothで送受信できるAirdropも非常に便利。

たまにWindowsを使う機会がありますがWindowsだとそのような連携がないのでその時はすごくMacとiPhoneの連携の良さを感じられます。

WindowsとMacOS両方使える

Macを使っているとWindowsでは対応しているのにMacだと使えないということが多々あります。

なんだMac使いづらいじゃんと思われますがそんな心配は無用。

MacではBootCampという機能を使えば簡単にWindowsを導入できちゃうんです。

ちなみにWindowsではMacOSを導入することができません。

しかし別途WindowsのOSを買わなければいけません。

だったら最初っからWindowsが入ったパソコン買ったほうが安いしと思われるかもせれませんが大学生であればWindowsを無料でライセンスを取得できるんです。

なので実質Macを買えばMacOSとWindowsの二刀流ができちゃうんです。

Macは値段が高い。しかしそれなりの満足感がある

MacOSとWindowsを両方使えてしまうMacですが選択肢が少なくしかも値段が高いのでなかなか手が出せないと思います。

しかしAppleは学割で正規よりも安く販売したり金利0%でローンが組めるサービスがあるので少し我慢すれば誰でも買えてしまうのです。

Macは使う機会が少ないと思うのであまり魅力を感じている人が少ないです。

そんなのもったいない!

見た目もオシャレですし大学生の時ぐらいしか使う機会ないのでMacという選択肢もありなんじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください