自分に合ったゲーミングキーボードを選ぶ時に役立つポイント

ゲーミングキーボードを買おうと思っているけど、どれが自分に合っているかイマイチ

ピンとこないと思います。

そこで今回は自分に合ったキーボードの見つけ方と、おすすめのキーボードを紹介します。

押し心地

キーボードなのだから、打ち心地はとても重要。

ゲーミングキーボードにはキーの種類が基本的に2つあります。

  • メンブレン
  • メカニカル

メンブレン

メンブレンを採用しているキーボードは、メンブレンよりも安くてリーズナブル。

しかし、押し心地は普通のキーボードとほぼ変わりません。

それ以外の点はメンブレンを採用しているキーボードとほとんど変わりません。

メカニカル

メカニカルキーはとにかく押し心地が最高。

メンブレンのようなヌルッとした感触ではなくカチッとした感触がたまりません。

キーを押したときの音

この音に関しては好みや使う環境によってどのキーボードにするか変わってきます。

特にメカニカルキーボードはキーに軸というものがあり、この軸によって押し心地や音が全く違います。

軸はいろんな種類がありますが、以下の3種類さえ知っていれば大丈夫です。

茶軸

茶軸は普通のキーボードと同じような打ち心地です。打っている感じはスコスコした感じ。打っていて疲れづらいので普段使いでも大活躍します。

青軸

ゲーミングキーボードでは青軸を使っている人が多いです。

キーを押すとカチャカチャと音がして結構うるさいです。

なので通話しながら使う時とか相手に不快感を与えてしまう可能性があるので注意が必要。

赤軸

赤軸は茶軸によく似ていて音が比較的静かで打ちやすいのが特徴。

赤軸の方がキーボードの種類が多め。

Corsair K70 LUX CherryMX Red -日本語 ゲーミングキーボード- KB361 CH-9101020-JP

Corsair K70 LUX CherryMX Red -日本語 ゲーミングキーボード- KB361 CH-9101020-JP

キーボードのサイズ

サイズって以外と重要。

キーボードって結構幅が広く、机が狭いと結構占領されてしまいます。

自分がどのサイズにするか決めるポイントは

テンキーが付いているかいないか。

テンキーってかなりスペースを取っている割に使う機会ないです。特にゲーム用途ではね。

僕はテンキーつきのキーボードを使っていますがほぼほぼ使っていません。

なのでゲームが目的ならテンキーレスでもいいのではないでしょうか。

価格

ゲーミングキーボードって数千円の物もあれば2万円ぐらいする物もありますがピンキリです。

7000〜10000円弱ぐらいのキーボードであれば良いものが買えます。

これ以上の値段する物はメカニカルキーでテンキーが付いていたりパームレストが付いていたりするので値段が上がってしまいます。

コスパ重視ならメカニカルキーでテンキーレスがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください