初めて買う人にオススメな4つのゲーミングキーボード

最近、eスポーツが話題になり初めてパソコンでもゲームをする人が増えてきました。

それもあってかゲーミング関係の周辺機器を扱うメーカーから多くの製品が出てきました。選択肢が増えて嬉しいばかりですが、多すぎるために何を選んでいいのかわからないと思います。

そこで今回はゲームに特化したキーボードを紹介しましょう。

Logicool G213 Prodigy 

非常にコンパクトかつ値段が手頃なのが特徴。

パームレストが付属していますが、Razerに付属しているものと比べたらチープなのでおまけ程度です。

Logicool ロジクール G213 Prodigy RGBゲーミングキーボード G213

Logicool ロジクール G213 Prodigy RGBゲーミングキーボード G213

Logicool PRO G-PKB-001

このキーボードは先ほど紹介したg213の上位互換です。

世界中のeSportsアスリートの高い要求を満たすよう設計され、小型でコンパクトです。

Razer Ornata JP 日本語配列 メカ・メンブレン ゲーミング キーボード

こちらはテンキーがついていて値段が8000円ほどなので非常に安いです。

なぜこんなにも安いと言うとキーがメンブレンだからです。

メカニカルキーボードのような気持ちいい押し心地ではありませんが音があまりしないので普段使いもするなら いい選択肢になります。

あと、付属でついてくる、パームレストを使うとタイピングがとても楽になります。

Razer BlackWidow Chroma V2 JP 日本語配列 緑軸メカニカル ゲーミングキーボード

このキーボードはさっき紹介したOrnataとは違い、キーがメカニカルです。

僕が普段使っていて愛用しています。

メンブレンにはないタイミングしたときの気持ち良さがあります。

Ornata同様にパームレストが付属でついています。

打ち心地、快適さはいいのですがデメリットがあります。

  • 価格が高い
  • キーの軸が緑軸しか選べない

一番ネックなのが価格です。メンブレンのOrnataが8000円ほどなのに対し

BlackWidow Chroma V2は20000円ほどします。

もう一つは緑軸しか選べないことです。

緑軸は打ち心地は最高ですがカチャカチャうるさいので、通話しながら使っているとキーを押す音か入ってしまうため人によっては不快感を与えてしまう可能性があるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください