そのフリーWi-Fiって大丈夫?無料で使えるWi-Fiの注意点

最近外出先でよくフリーで使えるWi-Fiをよく見かけます。

スマホが普及して一気にフリーWi-Fiが使える飲食店やショッピンクモールが増えました。

しかし中には悪質なものもあるのです。

そのフリーWi-Fiって大丈夫?

無料で誰でも簡単に使えるので多くの人が使ったことがあると思います。

速度制限になっている人はWi-Fiを見つけたらすぐに接続している人を見かけます。

しかし安易に接続してしてしまうと危険。

フリーWi-Fiには悪質なものもあります。

そのようなWi-Fiに接続した場合の危険性や悪質なWi-Fiに接続しないようにするための注意点を紹介します。

暗号化されていないWi-Fiは注意が必要!

暗号化されていないWi-Fiは注意!

決して安易に繋がないようにしましょう。

暗号化されていないWi-FiはスマホでWi-Fiをオンにしていると勝手につながっていることもいるので何も設定していないのにWi-Fiがつながっていたら一度確認して見ましょう。

悪質なWi-Fiにつながってしまうとどうなるのか

フリーWi-Fiが全て悪いわけではありません。

飲食店やショッピングモールなんかでフリーWi-Fiがありますと書いてある場合は安全でしょう。

ですが中には悪質なWi-Fiがあります。

しかもそのようなWi-Fiはあたかも本物かと思うような名前のものがありそのようなWi-Fiにうっかり繋いでしまうことも可能性としてあります。

もしもそのような悪質なWi-Fiに繋いでしまったらこのような危険性があります。

  • ブラウザで何を見ているかバレる
  • メールの内容が筒抜け

などなど色んな情報が筒抜けなので大切な情報が流出してしまう可能性が高いです。

無料で使えるWi-Fiの注意点

さてフリーWi-Fiの危険性を紹介しました。

その危険性を踏まえていつくか注意する点を紹介します。

暗号化されていないWi-Fiは極力使わない

これが得策かと。

暗号化されていなくて無料で使えるWi-Fiなんてあるの?と思われますが店の中に暗号キーが書いてある場合やキャリアが提供しているWi-Fiも存在します。

auの場合は設定させしてしまえばauWi-Fiが使えます。

暗号化されていないWi-Fiを使うときはアプリを使って確認する

無料で使えるWi-Fiのほとんどが暗号化されていないのでどれがちゃんとしていてどれが悪質かわかりませんよね。

そのような場合はフリーWi-Fiがどこにあるか表示してくれるアプリを使いましょう。

まとめ

フリーWi-Fiは外出先でも通信量を気にせずネットを使うことができるので便利です。

しかし悪質なものもあるので接続するときはアプリ等で確認してからにしましょう。

そうすることで情報を盗み取るような悪質なWi-Fiに繋ぐことなく安全にネットを楽しむことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください